スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安土城幻夢

 今回の記事は、10/5のエントリー記事を書いている途中で書きたくなったが、冗長になりそうな感があったので書かなかった事について。

 さて、安土町といえば何といってもこれ、

安土城古図(Wikiより) 『安土城をつくる』

現在 『ガテン火天の城』 絶賛公開中の 安土城
 

 『滋賀報知新聞』によると、『火天の城』効果で、安土城関連施設を訪れた観光客は、9月で前年比の3-4倍にも達したという。


...READ MORE
スポンサーサイト

しんぶん赤旗日曜版の新連載小説は、火坂雅志『業政駈ける』!!

 しんぶん赤旗日曜版の連載小説といえば、早坂暁『花へんろ』、山本一力『くじら組』、そして先日完結した、あさのあつこ『グラウンドの空』と、日曜版読者だけに読ませておくのは勿体ない(と言ったら怒られるか!?)力作・秀作揃いですが、来る7月5日号からは、あのNHK大河ドラマ『天地人』の原作者・火坂雅志さん作の時代小説
 『業政(なりまさ)駈ける』
が始まります!!

 長野業正(業政)from信長の野望・革新グラ 上州の黄班・業正(諏訪原寛幸)

【グラフィック解説】
左:信長の野望・革新の顔グラ、 
右:諏訪原寛幸氏作画のイラスト(信長の野望・革新 武将FILEより)


...READ MORE

『功名が辻』

 NHKの今年の大河ドラマは司馬遼太郎原作の『功名が辻』。山内一豊とその妻・千代の物語であるが、なかなか視聴率で苦戦しているようだ。

 紅星は基本的に大河は毎年見るようにしているが、正直今回の『功名が辻』、開始前はあまり見る気がしていなかった。理由は簡単、紅星は長宗我部フリークだからである。元々道産子だった紅星が高知の大学を受け、その後高知県に居着いている数多の理由の一つに『(長宗我部)元親と龍馬と(幸徳)秋水ゆかりの地である』というのがある程で、某歴史シミュレーションシリーズ『信○の野望』の最新作が出ると購入し、真っ先に長宗我部家(または土佐一条家)でクリアする。 そんな紅星だから、2006年大河が『功名が辻』に決まった時、「土佐に圧制をしいた一豊のドラマなんかやらんと、『夏草の賦』(元親とその妻・菜々が主人公の司馬小説)をやらんかい!!」とエキサイトしたものである。

 まあそれでも最後の方は土佐が舞台になる話だし、「浦戸一揆」や「瀧山騒動」がどう書かれるか気になるからとりあえず毎回見ている。感想を言うと、「みんなつまらんと言うけど、それほどでもないやいか」というのが正直なところである。大石静氏脚本の劇は市民劇場で何度か観た事があるがどれも面白く、「功名が辻」にも大石テイストが随所に散りばめられている。それより何より、仲間由紀恵があんなに魅力的な女優とは思わなかった!上川隆也もなかなかいい演技しているし・・・結構好印象の一豊像で描かれているので、後の「ジェノサイダー一豊」とのギャップが心配である。

 しかし視聴率が低迷しているのはやはり主人公の知名度不足とエピソードの少なさ、そして大河視聴者の一定の割合を占める、紅星のような「歴史オタク」が持っている多かれ少なかれの違和感が影響しているのではないか・・・と思う。

 加えて、紅星の見た限りでは「地元」高知も何か盛り上がりに欠けるというか、無関心とまで言える雰囲気がある。先日2/5付高知新聞に作家の坂東眞砂子氏が「大河ドラマにだまされるな」といったコラムを寄せ、その事が読者欄でちょっとした論争にはなっている。また紅星の住む四万十市(旧中村市・西土佐村)の市役所や商工会議所などには、「功名が辻」や4月から高知城周辺で開かれる「土佐24万石博」を宣伝する横断幕やのぼりが翻っている。しかし、「24万石博」に果たして目標人数20万人が来るかどうか不安視する声も多い。大体が、観光協会や商工会議所のお人方は誘致には熱心だが、肝心の「功名が辻」を見たり視聴率アップに何か手を打っているのか?いやそもそもこの人方はちゃんとドラマを毎週欠かさず見ているのだろうか?なぞとついいらん事を考えてしまう。

 いま一つやる気が感じられないのは、やっぱり「観光のためだから『功名が辻』や『24万石博』を誘致はしたが、本当はご先祖を抑圧した山内なんぞ嫌いだ」などというのが本心・・・というのは勘ぐり過ぎか?

 とにもかくにも、今後のドラマ本編の盛り上がりと『24万石博』の成否は気になるところだ。

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。