スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント、TB有難うございます(*^▽^*)

 前回、チベット情勢についての紅星の見解をアップしたところ、何と1週間で500近くものアクセスを頂いてしまいました!


...READ MORE
スポンサーサイト

真の友人なら、忠告しなければいけない時がある

 チベットのラサで『暴動』が発生してから、10日以上が経った。

 事件が起こってから、ネット、地元紙の「高知新聞」、職場で取っている「毎日新聞」、そして「しんぶん赤旗」をニュースソースにして、このチベット情勢について紅星なりに考えを巡らせてきた。

 結果、

 どう考えてもこのチベット情勢はダライラマ師を始めとするチベット人民の主張に正当性があり、中国政府は、やってはいけない第二の『天安門』を起こしてしまった

という結論に達した。

 そして、我が日本共産党は同じ『共産党』を名乗る党として、中国政府および中国『共産党』に、

  ①速やかに武断的処置およびダライラマ師らを『テロリスト』呼ばわりする事を止め、ダライラマ師らとの対話を再開して平和解決に道筋をつける事

 ②今回の事件に対する報道統制を速やかに止め、外国報道陣を含めた自由な報道を保障する事


を申し入れるべきであると考える。

 例えその事で日中『共産党』の蜜月が壊れ、元の仲の悪い状態に戻ってしまうとしても、だ。


...READ MORE

やっぱり秋水さんの文章は Σd(゚∀゚) スゴイッ!! 

 幸徳秋水さんの名文章をみんなに知ってもらおうと思い立って、図書館で秋水さんの文章を『写経』するたびに、
 『秋水さんの文章ってやっぱ凄ぇわ!』
と感じさせられています。


...READ MORE

週刊平民新聞論説から☆☆創刊号『宣言』、『発刊の序』☆☆

 1903年(明治36年)11月15日、先に『万朝報』が非戦論から主戦論に方針転換をした事に抗議して職を辞していた幸徳秋水と堺利彦は、東京・有楽町に『平民社』を創立し、

『週刊平民新聞』

を発刊しました。

 その創刊第一号に載せられたのが今回紹介します、『宣言』と『発刊の序』です。

(以下は、紅星が勝手に意訳したものです。秋水研究家の諸先輩方や文才ある方からすれば駄文かも知れませんが、一つ笑って許して頂ければ幸いです)


...READ MORE

秋水さんの文章が面白い Σd(ゝ∀・) !!

 最近、紅星は幸徳秋水さんの文章にハマッています。

画像 2358a1

画像 2359b1






...READ MORE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。