さよなら、ウエコーさん。

 今朝、MINSHO事務所で商工新聞の郵送の段取りをしていると、MINSHO会員で先輩党員でもあるMさんが入ってきて、

 『上田耕一郎さん、亡くなったんやね』

と一言。

 えっ・・・!!

と、一瞬絶句してしまった。

 


...READ MORE
スポンサーサイト

四万十川ウルトラマラソン IN 川登

ちょっと古い話で恐縮ですが、先週の日曜・19日に、我が四万十市の誇る最大のスポーツイベント(?)

第14回四万十川ウルトラマラソン

が開催されました。


...READ MORE

国税の『聖域』 巨大宗教法人 【中編】 ~落合博実『徴税権力 国税庁の研究』より~

 この本の引用シリーズを始めた翌日だったかに、民主党の石井一さんが、公明党の政教一致ぶりについて質問されたそうで、この記事も思わぬタイムリー記事になった感じが。

 それでは今回も、落合さんの本からの引用続けますね。


...READ MORE

この人は何様のつもりなのか!?~中山前国交相、不出馬を撤回~

 ・・・何というか、この人の思考回路は一体どうなっているのだろうか???

 寝る前にもう一度ニュースをチェックしておこうかと思ってネットに接続したら、全く理解に苦しむ記事が目に飛び込んできた。


...READ MORE

国税の『聖域』 巨大宗教法人 【前編】 ~落合博実『徴税権力 国税庁の研究』より~

 10/6号の全国商工新聞の一面に、元朝日新聞記者の落合博実さんが語る税務行政の実態が掲載されたこともあって、うちの民商でもこのたび落合さんの著書『徴税権力 国税庁の研究』を参考資料として買いました。

 紅星も読んで勉強しなきゃと思い、件の本を手に取りパラパラとめくってみたところ、

んんっ!? 最後の章・第8章の題目は

 『国税対創価学会』!?

何とも気になったので、そこの部分から読んでみると、一般中小業者には容赦なく税務調査に押し入り、時には無茶苦茶な推計課税までやってくる税務署・国税庁が、こと某宗教法人には及び腰な実態が赤裸々に描かれていました。

なので、「これはもっと知ってもらいたいなぁ」と思い立ち、この機会に紹介させてもらう事にしました。


...READ MORE