スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自公政権崩壊の祝砲か、それとも・・・

 昨日、我が四万十市では恒例の納涼花火大会が行われた。

 MA330047.jpg MA330050.jpg MA330046.jpg MA330048.jpg hanabi001.jpg




 


...READ MORE
スポンサーサイト

歴史的総選挙に寄せる、秋水氏の名文三作 ~その参 『選挙の標準』~

 さて、明日はいよいよ、この歴史的政治戦の決着と、日本がここから変わるであろう運命の刻を迎えます。

 三連作の“取り”を飾るのは、『平民の要求』『平民の武器』より前、秋水氏がまだ『萬朝報』の記者だった時に書かれた、1902年(明治35年)の『萬朝報』3月27日号の記事、

 『選挙の標準』

です。

(例によって、少し現在日本風に改ざんしております)


...READ MORE

歴史的総選挙に寄せる、秋水氏の名文三作 ~その弐 『平民の武器』~

 本当はこの記事、昨日(28日)にアップするはずだったんですが、帰宅した途端、原因不明の猛烈な睡魔に襲われ、飯さえも食わずにバッタリ・・・そのまま朝を迎えてしまいました。

 という訳で今日は二連弾となりますが、まずはその壱の『平民の要求』と同じく1903年(明治36年)11月29日の『平民新聞』第三号に載った

 『平民の武器』

を紹介しましょう。

 今回は原文の一部を、現代日本にあったように紅星の独断で“改ざん”してしまったのですが・・・如何でしょうか???感想など聞かせていただければ幸いです。


...READ MORE

歴史的総選挙に寄せる、秋水氏の名文三作 ~その壱 『平民の要求』~

 前回の記事で『幸徳秋水的な文章を意識して書いたつもりが、かえって己の文才の無さを暴露してしまった』と書きましたが、この歴史的総選挙に相応しい秋水氏の名文は無いものか、と四万十市立図書館から借りっぱなしになっている『幸徳秋水全集』4、5巻をめくっていたところ、3編ほど見つかったので、今回から3回に分けて、秋水氏の名文と、紅星の拙い訳文を載せさせてもらいます。

 まずは、1903年(明治36年)11月29日の『平民新聞』第三号に載った

『平民の要求』

を。


...READ MORE

“凄惨の声”が聞こえぬか!!   ~舛添厚労相、「派遣村なまけもの」発言~

 先ほど、中京大中京と日本文理の、熱く爽やかな決勝戦について記事をアップさせてもらい、心地よい気分でノートパソコンを閉じようとしたところ、yahooニューストップ記事に、許し難いニュースがアップされていた!!

 派遣村なまけもの発言で釈明、舛添厚労相


...READ MORE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。