FC2ブログ

歴史的総選挙に寄せる、秋水氏の名文三作 ~その壱 『平民の要求』~

 前回の記事で『幸徳秋水的な文章を意識して書いたつもりが、かえって己の文才の無さを暴露してしまった』と書きましたが、この歴史的総選挙に相応しい秋水氏の名文は無いものか、と四万十市立図書館から借りっぱなしになっている『幸徳秋水全集』4、5巻をめくっていたところ、3編ほど見つかったので、今回から3回に分けて、秋水氏の名文と、紅星の拙い訳文を載せさせてもらいます。

 まずは、1903年(明治36年)11月29日の『平民新聞』第三号に載った

『平民の要求』

を。


...READ MORE
スポンサーサイト