風雲!宿毛新港

 米イージス艦『ラッセル』が宿毛新港に今月の23日入港しようとしている。この『ラッセル』、核搭載が可能という事で、県議会が1997年12月議会で全会一致で可決した『県の港湾における非核平和利用に関する決議』に抵触している疑いが持たれている。今日の高知新聞1面に、『高知県は知事に最終決定権がないと判断、宿毛市長が最終判断』と出ていたが、中西宿毛市長は『断る理由は無い』と歓迎する意向だという事なので、一気に寄港が現実味を帯びてきた。
 ウチの職場でもラッセル寄港への抗議行動の参加を考えているが、日米政府より、むしろ地元宿毛市の中西市長の態度に私・紅星は憤慨しているところである。
 今朝、別の用事で宿毛の共産党の重鎮と呼べる人が職場に来たのだが、自然今回の『ラッセル寄港問題』に話が及んだ。その話の中で出てきたのだが、中西市長はこの重大問題を議会の場で明らかにしたのではなく、何と議員との懇親会の席で初めて発表したというのだ!
 『懇親会』というものは普通議員と市の執行部とでお互いを労う場である。そのような場で突如このような重大問題を明らかにされて、参加した市議はみな仰天したそうだが、驚かない方がどうかしていよう。しかも市長は、自分のやっていることの重大さにあまり気づく様子もなく、ラッセルの入港でどれだけ宿毛市の財政が潤うかについて一方的にまくし立てたという。あまりの事に自民党の市議さんが『そんな重大事をこんな酒の席で話し合える訳ないだろう!!』と一喝したという事だが、聞いていて唖然とした事だった。
 この中西市長は前回の市長選で、それまで宿毛市を長きに渡って支配してきた林一族の息のかかった前市長を破って当選した人物で、共産党も側面から支援して選挙をたたかった経緯をもつ。その時も氏は公約として『アメリカから退役した空母を買い取り、宿毛新港に横付けして観光の目玉にする』と発言し物議を醸し出したものだが、ひょっとすると氏の頭の中では、退役空母も核搭載疑惑のイージス艦も同じ意味合いしか持っていないのかもしれない。
 中西市長は『すくも九条の会』などにも賛同メッセージをよこすなどしていただけに、今回の態度には全く失望させられた。
 市長の政治姿勢は今後きちんと問うていくのは当然だが、寄港阻止に向けて自分も出来る事をしなければと考えている。

(今回はまとまりの無い文章になってしまったと反省・・・)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/12-294dbbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)