イスラエル軍の蛮行を糾するとともに、即時停戦を切望する

新年も明けたばかりというのに、パレスチナ・ガザ地区では日々夥しい流血が続いている。

紅星は幸いにして日本に生を受け、政府や大企業の横暴ぶりに怒りながらも生命の心配だけはする事なしに安閑と暮らしている。

しかし、人は生まれる場所を選べない。

もし自分がガザに、アフガンに、あるいはイラクに生まれていたら・・・と想うたび、彼の地の人々が一刻も早く安寧のうちに暮らせるようになる事を願わずにはいられない。

そんななかで毎日新聞朝刊のこの記事は、一瞥するなり一瞬目の前が真っ赤になった感じがした。

イスラエル軍、住民を砲撃 住宅に兵士が閉じ込め、30人死亡


《以下、引用記事》
【エルサレム高橋宗男】国連人道問題調整事務所(OCHA)は9日、パレスチナ自治区ガザ地区のガザ市近郊のザイトゥン地区で、イスラエル軍によって誘導される形でパレスチナ人市民約110人が集まっていた1軒の住宅に、同軍が複数回砲撃を加え、子供を含む約30人が死亡したと発表した。負傷者が運び込まれた同市のシーファ病院は死者数を32人としている。

 OCHAは住宅内にいた半数は子供だったとし砲撃を非難、同病院の救急医療部長も「虐殺だ」と非難している。イスラエル軍は毎日新聞の取材に対し「情報を持っておらず、調査する」とコメントしている。

 OCHAによると、イスラエル軍は地上侵攻を開始した3日夜から7日にかけてザイトゥン地区全域で集中的な砲撃を行っていた。その間、救急隊の同地区入りを妨げた。

 砲撃から生き残った主婦、オーラさん(29)が、ガザ市在住の毎日新聞助手に語った話によると、数十人の武装イスラエル兵が4日朝、ザイトゥン地区の一角に固まって住む市民100人以上を、銃を突きつけて1軒の建設中の平屋建て住宅に集め、「動くな。何もするんじゃない」と言い残し、立ち去った。

 ところが5日朝、戦車が住宅を砲撃、1発は住宅を直撃し、もう1発は敷地内に着弾した。オーラさんの子供6人のうち2人は死亡。オーラさんと夫は、他の子供たちを抱きかかえ外へ避難したという。オーラさんは「半分屋根のないような狭い住宅で、私たちは羊のように押し込められていた」と語った。

 OCHAによると、一部の生存者は主要道路まで2キロ歩き、通りかかった車で病院に運ばれた。5カ月の乳児を含む子供3人が病院到着直後に死亡したという。

 赤十字国際委員会は7日、3時間の攻撃停止時間中に初めて同地区に入り、砲撃された住宅を含む3軒の住宅で15体の遺体を発見、負傷者18人を含む生存者計30人を救出した。しかし、同地区内では、依然として相当数の死傷者が取り残されたままとみられる。

毎日新聞 2009年1月10日 東京朝刊



これは何ということか!? イスラエル軍は『アウシュヴィッツ』などで彼らの民族に対して行われたホロコーストを、今度はガザで自ら行おうというのか!?

100カ所以上を空爆 イスラエル 停戦決議を拒否 死傷者4000人超す
(しんぶん赤旗)

イスラム原理主義組織ハマスのイスラエルの民へのロケット弾攻撃や自爆テロは許しがたい事だが、だからといってパレスチナの無辜の民を一方的に殺戮する事が正当化できる訳がない。

否、イスラエルのこの蛮行がパレスチナの民のイスラエルへの憎悪を駆り立て、結果、逆にハマスを伸長させて中東和平を遠ざけてしまっている事に気づかないのか?

イスラエル政府は、近く予定されている選挙で政権党が有利になるよう、実績作りのために今回の空爆を行っているという一部報道もある。本当にそんな理由で、国連さえも虚仮にして今回の空爆が行われているのなら、イスラエル(政府)はとんだ『ならず者』だというしかない。

こんな蛮行を正当化しようとする輩を厳しく糾弾するとともに、国連決議にもとづいた速やかなる停戦を切望するところである。

今こそ、イスラエル・パレスチナ双方と浅からぬ関係を築いている日本が、イニシアチブを発揮して停戦を実現できないものだろうか?




《追記》

今日の高知新聞社会面に、かつて高知大学に留学していたガザの一家を救おうと動いている人たちの記事があったので引用する。


元高知大留学一家救え 県内友人ら 情報収集に懸命
ガザから生存連絡


「殺りくを止められないのか」「日本政府は動けないのか」。南国市に約4年間在住した元高知大学医学部大学院生でパレスチナ・ガザ地区在住のジアード・アルダフディーさん(41)一家を救おうと、かつて一家と親しかった高知県内の友人らが、懸命に情報を集めている。9日夜から10日午後にかけ、ジアードさん本人から、絶望的な状況を伝えるインターネットメールが、たたき書いたように届き始めた。土佐弁で話していた「隣人」が、別れを惜しんで泣きながら高知を去って6年。狂った殺りくが続いている。    (石井 研)

 両親が中東戦争で故郷の旧パレスチナを追われ、逃げ込んだガザの難民キャンプで生まれたジアードさんは高知医大(現・高知大医学部)大学院で血液の研究をするため、2000年からほぼ4年、南国市で暮らした。来日の翌年、パレスチナの小学校の先生だった妻のモナさんと、幼い子ども2人を呼び寄せた。

 医大の寮で生活。留学生仲間や家族のほか、地元の主婦らと親交を深め、料理に招いたりした。来日の翌年、同市内で3番目の子どもを出産。モハマドちゃんと名付け、日本国籍を与えた。

 長女のノールちゃんは7歳で来日し、「お父さん、ここは銃弾の音がしないね」と不思議がったという。岡豊(おこう)小学校になじみ、やがて母国のアラビア語をほとんど忘れ、保育園に通った弟のハッサンちゃんとともに、土佐弁を使った。

 モナさんと子ども3人が帰国したのは2003年夏。高知の友人は「あんな危ない所に帰ることはない、高知に残れないか」と心配した。モナさんは「ガザは紛争のイメージが強いけれど、地中海にも面している。白い砂浜がどこまでも続くビーチがあるんですよ」と、母国への思いを言い残した。

 高知空港から故郷に向かう一家は、小学校の担任や保育士、友達が見送った。ノールちゃんらは先生らに強く抱かれ、涙を流して手を振って去った。ノールちゃんは学校の赤いランドセルを背負ったまま、飛行機に乗り込んだ。
       ◇

 「留学が終わったからバイバイ、というわけにはいかない。救える道を探したい」

 一家が飛行機に乗り込んで6年。高知大学・国際地域連携センター助教のエバ・ガルシア・デル・サスさんは9日から高知市内のホテルの一室を借り、ジアード一家にメールを送った。9日深夜と10日午後、生存は伝わるメールが来た。

 「市街地に死臭が立ちこめ、頭上を戦闘機が飛んでいる」「私は何ができるか分からない。神のご加護を」

 フィンランドに留学中の元高知大学の職員(40)のもとにもほぼ同時に、「まだ生きている。昨日はすさまじかった」の短信。

 パレスチナ自治区で日本国籍を持っているのは次男、モハマドちゃん1人。県内のNGOグループを率いるガルシアさんら数人は10日から、日本への受け入れを模索している。

 ガルシアさんらは「次男の子は日本国籍を持っている。政府などが動けば救う道がある」「イスラエルの日本大使館から一家に、子どもを国外退去させるか否かの問い合わせがあった」と望みを託し、現状に心を痛めている。

現地大使館 「退去は可能」
 イスラエルの日本大使館は10日深夜、本紙の電話取材に対し、「イスラエル政府は、外国籍を持つ人がその国に受け入れ先があるのであれば、家族も含め、国外退去を検討すると言っている」とし、「(子どもが日本国籍を持つ)一家の日本への避難は不可能ではない」との認識を示した。

 さらにその場合、「日本に入るために身元保証人などが必要になる」とした。

 同大使館によると、次男のモハマドちゃんは、パレスチナ自治区での唯一の日本国籍保持者。一家には空爆後から安否確認などの電話連絡を続けているという。

 同大使館の担当職員は「戦況はすさまじく、国境にも近づけない状態だが、日本時間の10日夕方の時点で生存は電話で確認している」と話している。
(1/11 高知新聞朝刊27面より)



10メートル先に爆弾落下  ジアードさん“肉声” 「脱出のすべがない!!」

 ジアードさん一家は大丈夫なのか-。緊迫の度合いを日増しに高めるガザ情勢に、居ても立ってもいられなくなった高知市の知人がメールを送ったのは昨年12月28日。「神のご加護を」で結ばれた返信メールには「戦闘機」「大量虐殺」の文字が・・・。その知人から連絡を受けた本紙の村瀬佐保記者や、支援者の一人、エバ・ガルシアさんとの交信にも、家族が命の危険にさらされている生々しい“肉声”がつづられていた。
  (本紙記者のメールは一部省略。ジアードさんのメールは英語を翻訳しほぼ全文を掲載)

【本紙記者とのやりとり】
<8日>
午後5時31分=記者
 みんな、ガザにいるあなたたちのことを心配している。ガザで今、起きている現状を教えて。

<9日>
午後9時6分=ジアードさん
 心配してくれてありがとう。返事が遅れてすみません。この瞬間にも人がどんどん死んでいく。
 死体のにおいがあちこちでする。事態が悪くなるのをただ待つばかりだ。このウェブサイトを見てくれ。
   http://www.syria-aleppo.com/news/5232.html
 ウェブサイトはアラビア語<アラブの民よ、ムスリムの民よ、立ち上がってくれ。ガザで起きている現状を見てくれ。世界各地の政府に知らしめ、ガザの虐殺をやめさせるのだ>の言葉とともに、爆撃で頭が飛び散った子どもの写真などが紹介されている。

午後10時17分=記者
 家族は全員無事?家から出られる?どこからメールを送っているの? 

午後10時28分=ジアードさん
 私たち家族はまだ生きている。14日間、家にずっと張り付いたままだ。
 昨晩、戦闘機から2つのロケット爆弾が私の家のわずか10m先に落ちた。恐ろしい。
 私はこのメールを家から送っている。

午後10時49分=記者
 無事で安心した。家にロケット弾が直撃していたら何が起きていたのか。食料はあるのか。子供たちはどうしているの。

午後11時28分=ジアードさん
 いろいろありがとう。死のにおいがあちこちでする。すべてが震えるほど怖い。食料はとてもとても限られている。
 もし、(昨晩の)あのロケット弾が家に落ちたら、私たちを20m先の地中に押しつぶしていただろう。
 子どもたちの精神状態がかなり悪い。医者が必要だ。
 イスラエルの日本大使館が日本のパスポートを持っている私の息子を、ガザから外へ出せないかと打診してきた。けど、私は何ができるのか分からない。
 神のご加護を。

<10日>
午前0時8分=記者
 家族全員がガザから脱出できないのか。何を求めているのか遠慮しないで言って!

午前0時43分=記者
 日本のパスポートとは、息子の日本国籍のこと?ガザを脱出して日本に来るのか。

午後3時29分=ジアードさん
 脱出できる時期を逃してしまったかもしれない。このような状況で、どうしていいのかを決めるのは難しい。
 どうにもこうにも、脱出するすべがないんだから!!

【エバ・ガルシアさんへのメール】
<9日>
午後11時13分
 あなたの協力に感謝します。大使館が打診してくれた内容を決断するのは難しい。時間的にギリギリのところだ。私は家族全員で脱出したいと、大使館に頼んだ。大使館は、日本にいるあなたの友達の助けがいる。大学や県知事、県が、あなたが家族と暮らしていける仕事、住居を提供してくれることが必要だといっている。
 私は刻一刻と変わる状況を知らせ、連絡が途絶えないようにしていきます。
(1/11 高知新聞朝刊26面より)



また、紅星がしばしばお邪魔している奈良・大和郡山のブロガーさんも、転送されてきたというガザ地区の現状を記事にしているので、下記リンクから飛んで是非ともご覧頂きたい。

ガザ地区からのメールを転載 (「大和郡山からあなたへ~」さん 1/8記事)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/194-ee693d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NO.877 安保理決議と「「イスラエルによるガザへの攻撃の中止を求める緊急アピール」(世界平和アピール七人委員会)・・・転載。

 8日、国連安全保障理事会が、ガザ地区での即時かつ永続的な停戦を求める決議を14カ国の賛成で採択した。アメリカは棄権。要旨は以下の通... 大脇道場【2009/01/12 02:14】

メールニュースで知ったや「新しいページの紹介」

今度は、1日遅れただけでメールニュースを見ました  いつものように公開したい記事はあるとばって、今日は違うとを。  こげんとがある... ひとみちゃんにも ちょっと言わせて【2009/01/12 20:43】

共産党比例区名簿トップは湯浅誠

それは、まごうかたなき革命的ゲリラ戦だった。 彼らは、先ず砦を築いた。場所は、花の都のど真ん中、 日比谷公園に定めた。恐るべき慧眼と言わねばなるまい。 要所に砦を築けば、自ずと人は押し寄せる。人が押し寄せれば、 運動は勢いづく。砦は「年越し派遣村」と... BLOG BLUES【2009/01/13 16:09】