『赤旗』日曜版が見開きで戦国武将ブームを紹介!

 紅星が戦国武将、とりわけ長宗我部一条フリークであるというのは、過去の記事

『功名が辻』

での暴走ぶりや、しばしばJCPの活動スタイルを『一領具足』になぞらえているように周知(なのか?)の事であるが、何と今週(1/18) 『しんぶん赤旗』日曜版の見開き面(18-19面)【日曜ワイド】

戦国武将ブームの現場

という記事だった。

紅星の狂喜乱舞する様を想像し給え。

※それにしても数年前までは見開き面でさえもお堅い政治記事が躍っていた赤旗日曜版がこんな記事を載せるようになるとは・・・大歓迎だ!!!


 赤旗日曜版をお読みでない方々にも、この場を使い全文紹介しよう。

【引用開始】

-信長、家康よりも石田三成、直江兼続- 戦国武将人気

 上杉謙信、真田幸村、伊達政宗、石田三成・・・。若い女性に戦国武将が大人気です。書籍やグッズがよく売れ、各地でイベントが開かれ、戦国ロマンツアーも。何が魅力なのか。ブームの現場を歩いてみました。
                        《玄間太郎記者》

コスプレ 手作り80着「変身したい」

 千葉県にある館山城跡。『南総里見八犬伝』(曲亭馬琴)のモデル、里見氏の居城です。

 ここで昨年、春と秋の2回 「戦国コスプレ(仮装)大会」が開かれました。全国のコスプレイヤーと地元の手作り甲冑(かっちゅう)武者が80人余参加。殺陣の演武などでにぎわいました。主催は、里見氏の城跡保存や活用に取り組んでいるNPO法人安房文化遺産フォーラム(愛沢伸雄代表)。

 コスプレイヤーの大道寺鎌さん(31歳、会社員)に聞きました。

-なぜ戦国武将?-
 「子どものころからアニメやゲームが大好きで、何かに変身したいと思いました。高校生のときは歴史が得意で、戦国武将に興味をもち、いろいろ調べました。一本筋を通した石田三成などの生き方にひかれました」

-コスプレ歴何年?-
 「14年。武将のコスプレ、約80着作りました。手間ひまがかかり、神経を使うので、完成した瞬間はほんとにうれしい」

-武将の地へも?-
 「ええ、コスプレ作りの勉強のために。上田城や大坂城、関ヶ原にも行きました」

専門店 来店者6割 10代、20代の女性

 東京・神田小川町。ブームを象徴するような店があります。その名も「時代屋」。

 1階は、1万5千冊余の書籍(新刊・古書)。作家400人余の時代・歴史小説、歴史専門書をそろえています。NHK大河ドラマ「天地人」コーナーもあります。

 2階はグッズ。戦国武将Tシャツやのぼり旗、ストラップ、合戦ゲーム・・・。その数約2万点。

 土曜・日曜は6割が10~20代の女性客です。

 2階には、戦国メニューの「茶屋」も。ここで2~3時間“武将談義”をしたり、待ち合わせて武将の地へ旅行したり。

 このブームは、どこからきているのでしょう。

 女将(おかみ)の宮本みゆきさん(33)は、こう見ています。

 店に若い女性が増えたのは、戦国もののゲームソフトや、ジャニーズ系タレントが出演するNHK大河ドラマなどの影響ではないか、と。

 グッズの売れ筋などから見えてくる特徴は?

 かつては織田信長や豊臣秀吉、徳川家康といった“勝ち組”の英傑が人気でした。が、今の若い女性は、真田幸村や石田三成など“負け組”の武将、さらには伊達政宗の懐刀・片倉小十郎や上杉景勝の若き参謀・直江兼続(かねつぐ)といった2、3番手の武将に心を寄せているといいます。

 男性が合戦の戦略・戦術に関心を向けるのに対し、女性は?

 「戦国武将に理想の男性像を求めている、とも違うんですね。死を覚悟した鮮烈な生き方、個性豊かな人間像にひかれるようです。図書館で調べ、本を買い込み、すごい知識です」。そして楽しそうにこうも。「一度ハマったらキケンです」

著者番付(時代屋)
 横綱  佐伯 泰英   (『陽炎の辻』居眠り磐音シリーズなど)
 大関  司馬 遼太郎 (『竜馬がゆく』、『功名が辻』、『夏草の賦』、『国盗り物語』など)
 大関  池波 正太郎 (『鬼平犯科帳』、『剣客商売』、『真田太平記』など)
 関脇  北方 謙三 (『三国志』、『水滸伝』など)
 小結  風野 真知雄 

人気武将
 1 真田 幸村
 2 伊達 政宗
 3 石田 三成
 4 直江 兼続
 5 上杉 謙信

関ヶ原 事前に勉強 史跡めぐり

 戦国時代の合戦といえば、やはり“天下分け目の関ヶ原”(岐阜県)。東軍・徳川家康と西軍・石田三成の激戦地です。

 古戦場を訪ねる若い女性がふえています。

 「みなさん、よく勉強しています。ガイドを必要としないほどです。戦国武将への興味を機に、歴史への関心を広げてくれればうれしいですよ」

 関ヶ原町歴史民俗資料館の高木優栄館長です。

 関ヶ原には史跡が点在。女性が巡るのは、主に三成軍の陣跡や墓です。

 笹尾山にある三成の陣跡。竹矢来を二重に巡らし、前面に島左近、中間に蒲生郷舎(がもう・さといえ※赤旗では「いえさと」とあったが誤植だろう)を配置。三成は山頂で指揮。が、たたかいに敗れ、敗走中に捕縛され、京の六条河原で処刑されます。

 三成はどんな思いで死んでいったのか。悲運の武将にだれもが思いを馳せるのでしょう。

 石田方の大谷吉継(よしつぐ)。人気の武将の一人です。ハンセン病を患い、戦場では輿(こし)に乗って指揮。その大谷の墓は、杉木立の中。墓前に菊の花が手向けられていました。

 佐賀市からきた森祐子さん(24)は、メモ帳を手に史跡を歩いていました。岐阜市内で地元のサガン鳥栖(とす)のサッカー試合を見た後、関ヶ原に足を延ばしました。

 関ヶ原の合戦は、教科書で知ってはいました。が、どんな武将たちの、どういうたたかいだったのか。現地を歩いて学びたかったのです。

 「勝っても負けても、戦国武将にはさまざまなドラマがあったんですね。きてよかった。大谷吉継、なんだか好きになりそう」

識者こうみる

愛のカブトを政治にも -NHK大河「天地人」の原作者、作家 火坂 雅志さん-

 戦国武将には、強い覚悟、凛々(りり)しさがあります。女性たちは今の男性とくらべ、武将に感情移入するのかもしれません。

 例えば、『天地人』の主人公・直江兼続。「長高く、姿容美しく、言語晴朗なり」と伝えられています。

 兼続に人気が集まるのは、彼が貫く「義と愛」からでしょう。乱世の中の謀略、裏切り、「利」のみの行動原理。が、兼続は「利」より「義」(道義)を重んじました。

 兼続は兜(かぶと)の前立てに「愛」という文字をかかげました。「愛」とは人を思いやり、慈しむ心です。たとえ不利益をこうむっても弱者をかばい、助けることなんです。

 「愛」は、今の政治家にもっとも欠けています。若い女性たちはきっと、そこに兼続への思いを重ねるのでしょう。

想像膨らむサブキャラ -時代劇コラムニスト ペリー・荻野さん-

 アイドルの新陳代謝がすごく緩いんです。かげりがあるといっても、いまだにSMAPです。スーパースター・ヒーローが出ていません。

 昔のような時代劇の人気シリーズがなくなり、若い女性が時代劇から離れていました。でも、ゲームやテレビの大河ドラマに戦国ものが現われてきた。戦国武将は、いつも死と隣り合って、波乱万丈。そんな生き方が、新鮮だったのでしょう。

 そのうち“自分だけのアイドル”がほしくなる。有名な武将ではなく、サブキャラクターに心を寄せ、自由に想像をふくらませていくんです。

 それに戦国時代はファッショナブルです。直江兼続の兜には「愛」をかたどった前立てが付けられ、甲冑の下の着衣も美しい。女性はストーリー性とファッション性にとても敏感なのです。

【以上、長ったらしい引用終了】
 



さて、この戦国武将ブームだが、何と我が高知県も無縁ではなく、というより、まさにその渦中にある。

この記事をご覧あれ。

【引用開始】

  若い女性に「戦国武将ブーム」 「写真撮らせて」「甲冑着たい」
                           (J-CASTニュース 2008/10/12)

伊達政宗や真田幸村、長宗我部元親といった戦国武将が若い女性のあいだでブームになっている。戦国時代を扱ったゲームソフトや大河ドラマの影響のせいか、武将ゆかりの地や博物館などで女性の姿が目立ち始めたのだ。

ここ1~2年で「長宗我部元親ファン」が増える

「ゲームの影響なんでしょうか、最近若い女性が増えてきているのは確かで、(参拝客の)90パーセント以上は若い女性です。昔にはなかったことで、ビックリしてます」

と話すのは、高知市の若宮八幡宮の大久保千尭宮司(65)。戦国武将の長宗我部元親が戦勝祈願したとされる同神社に若い女性の参拝客が増え始めたのはここ1~2年のことで、女性客はどうやら「長宗我部元親ファン」らしい。大久保さんは「(坂本)竜馬さんは全国区だけど、まさか元親がそういう対象になるとは」と驚きを隠さない。

突然の「元親人気」を受けて、神社では元親にちなんだミニチュアののぼりや絵馬を製作したところ、売れ行きは好調という。境内には長宗我部元親の銅像があり、こちらも「かっこいい」と評判に。神社周辺にも元親ゆかりの史跡もあり、人気スポットになっているようだ。

「(長宗我部元親について)びっくりするほど知っていて、こちらも勉強しているんですが、逆に質問されたりして。刺激になりますね」

と大久保さんは話す。

こうした戦国武将人気はどうやら全国に広がっているようだ。真田幸村ゆかりの地である長野県上田市では、毎年春に真田一族を模した武者行列がメインとなる「上田真田まつり」が開催されるが、08年4月29日の祭りでも女性客の姿が目立った。同市観光課はJ-CASTニュースに対して、

「若い女性のファンが多くて、甲冑を着た武将と写真を撮りたいという方もいます。女性ファンが増えたのはここ1~2年のことだと思います」

と話す。真田家の家紋である「六文銭」のマークの入ったお土産などを買う女性の姿も多く見られるという。

人気ゲーム「戦国BASARA」が火付け役?

伊達政宗の甲冑を展示している仙台博物館でも「以前はお年寄りや小学生が多かったが、2、3人連れの女性客が目立ち始めた」という。同館では年に2回、政宗のレプリカの鎧兜を実際に着用するイベントを開催しているが、「2年前くらいから女性の応募者が増えている」。なかには政宗の甲冑を見て「政宗サマ」と口にする女性客もいるようだ。

ブームの火付け役とされているのは、戦国時代をテーマにした大河ドラマや「戦国BASARA」という人気ゲームソフト。ソフト発売元のカプコンは「女性より男性のユーザーが多いというのは他のソフトと変わらない」というが、ゲーム好きは「武将のキャラクターがみんなカッコよくつくられていて、女性にも人気だ」と口を揃える。同シリーズは戦国時代の武将が対戦するアクションゲームでPS2とWiiで展開。現在までに100万本ほど売り上げている。

同社が08年8月に実施した人気投票では、1位が伊達政宗、2位が真田幸村、3位は長宗我部元親となっている。

【引用終わり】

で、くだんの長宗我部元親だが、肖像画では

長宗我部元親 肖像画

このとおりの髭面の爺さんで、とても「土佐の姫若子」変じて「鬼若子」と呼ばれ恐れられた精悍さは感じ取れない。

しかし、「信長の野望」シリーズでは

元親 in 信長の野望

このような凛々しい顔グラフィックで、能力値も新作になるたびに上昇してきている。

さらに、先の記事でも触れられていた、元親ファンが急増する原因となったプレステのゲーム「戦国BASARA2」では

元親 in 戦国BASARA2

イケメンかつカッコイイキャラに描かれている。成程、こりゃ若い女性がはるばる高知まで「巡礼」しに来るのも頷ける!!

もうこうなったら、高知県観光協会は「龍馬」だけでなくて「元親」公も高知県の観光キャラとして本腰入れて活用しては如何か?

NHKは来年の「龍馬伝」が決まっているので、当分は高知を舞台にする事ないだろうから、民放の春または秋の番組改変時のスペシャルドラマあたりを狙って、

司馬遼太郎原作 「夏草の賦」

の企画を働きかけてみるというのはどうだろうか???

原作もなかなか読ませる作品だし、結構受けると思うんだけどなァ・・・

元親公銅像看板 若宮八幡宮鳥居 若宮八幡宮(07.07.07撮影) 長宗我部元親公銅像001(07.07.07撮影) 長宗我部元親公銅像002(07.07.07撮影) 長宗我部元親公銅像003(08.11.01撮影)




もしよかったら、こちらの記事もどうぞ☆

『家康』に騙されるな!

今年は、平和憲法に感謝しつつ藤祭り見物

JCP(日本共産党)って、どこか石田三成っぽい・・・?


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/202-a6fba2c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『公務員を減らせ』『議員を減らせ』と叫ぶ人もいるけど、それで政治・社会が良くなるのか疑問を感じます

 ここ数年、役人・公務員・官僚の腐敗が社会問題になっていますし、役人・公務員・官 嶋重ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!【2009/01/23 23:41】

自民党・民主党の代表質問に対する日本共産党・山下よしき参議院議員の感想。私の気持ちとほぼ一致です。

 「ちょっとボヤいていいですか?」(日本共産党参議院議員 山下よしき)  htt 嶋重ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!【2009/02/04 02:22】