スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“HASTA LA VICTORIA SIEMPLE !” IN 四万十川ウルトラマラソン2009

 一週間遅れとなりましたが、18日の『第15回四万十川ウルトラマラソン』60kmに出場いたしまして、

8時間58分33秒(ゴール時刻 18:58:33)

のタイムで、何とかゴールする事ができました!!

 応援して頂いた方、本当に有難うございました☆

 2年ぶりの出場でどうなるか、練習からの手応えと同時に一抹の不安もありましたが、終わってみれば自己記録2位の結果、まずは満足しています。


 今年は、いつもなら朝4時すぎから100kmランナーの応援に出かけ、出走を見届けてから60kmスタート地点送迎バスに乗り込むところをせず、前日夜9時に布団に入り、朝5時に起床して睡眠を充分に取り、体を冷やさないように着込んで60kmバスに向かいました。

 中村駅に行く途中、職場に寄って、前々日に作った横断幕の写真を撮影。

 四万十ウルトラランナー応援横断幕

 60km送迎バス乗り場には、6時前から60kmランナーが続々到着し、近くのコンビニで朝食を買い込んだり、乗り込み前に軽くストレッチする姿も見受けられました。

 60kmスタート送迎バス

 6時半の、東天から朝日が差し込む頃、60km送迎バスが中村駅を出発、一路、スタート地点の十和こいのぼり公園を目指します。大抵の人は朝早いのでスタート地点まで二度寝をしますが、県外からのランナーの方には、入野の浜や、四万十川の風景を車中からカメラに収める人もチラホラ。紅星もあまり大正・十和方面はこんな時でもないと来ないので、沈下橋などを撮影しつつ水分補給やカロメなどをほおばっていました。

 送迎バス車中から四万十川撮影

 8時過ぎに旧十和村に入ると、バスの横を100kmランナーが。いつもならパトカーに先導されたトップランナーの横をバスが通過するのですが、今年は第二・第三集団のランナーの様子。例年より走りやすい気候なのか、結構ハイペースなレースの感じが。

 バス横を疾走する100kmランナー

 さて、8時半前に十和こいのぼり公園に到着。紅星にとっては2年ぶりのスタート地点で、いよいよかと気分も高揚しつつ、参加登録を済ませて着替えとゼッケン付けをしました。
 今年の『勝負Tシャツ』は、薄い赤地にチェ・ゲバラの写真と彼の有名な言葉
“HASTA LA VICTORIA SIEMPLE ”
(勝利まで、永遠に!)

そして帽子にはワンポイントで『反貧困』バッジの取り合わせ。
 2009四万十ウルトラ60kmの勝負シャツ。チェ・ゲバラの名言を胸に

 今年は最初、幸徳秋水のオリジナルTシャツでも作って、それを着て走ろうかとも考えたのですが、デザインと資金面で詰まってしまったので、「それならゲバラTシャツ着て走ろう!」と考え、ネット通販で調べたらこのTシャツが目に留まったので速攻GET。ゲバラのこの言葉、実は今まであまり知らなかったのですが、

 『勝利(=ゴール)まで、永遠に(走り抜け)!』

って感じで、マラソンTシャツにはお誂え向きの言葉やなかろうか!?と思うのです。

 着替えてからはスタートゲート前で記念写真を撮ってもらったり、ストレッチや慣らし走りなどしていよいよ10時、スタートの時間に。

 四万十ウルトラ60km出発ゲート前にて

 MA330152_20091025195212.jpg MA330153_20091025195211.jpg

 高まる緊張と期待、そして途中膝はおかしくならんろうか?今年が最期の参加になってしまうんやろか・・・!?などの少しの不安とが綯い交ぜになった不思議な気持ちのなかで、お隣のランナーの方と交流したりしつつ号砲を待ち、そして10時に、号砲とともに300名超の60kmランナーがいっせいスタート!両脇を固めたボランティア・家族そして地域住民の方達の熱い声援を受けつつ、ひたすらゴールを目指します。

 ・・・とはいうものの、紅星はというと、『あっ、この景色いいな』とか思ったらすぐ携帯取り出してパシャ・・・って、やる気あるんかい!?といった風情で、時間内に大丈夫なのかという走り。

MA330155_20091025195211.jpg MA330154_20091025195211.jpg
 
 もっとも、逆に言うならば、そんな事しながら走る気になるほど、個人的に今年は走りやすさを感じました。例年なら、『四万十ランナーに恨みでもあるんか!?』と毒づきたくなるほど、何でか知らんけどこの日だけ30℃近くまで気温上がって日差しもきつく、しかも無風という天候なのですが、今年は上がっても25℃ほど(それでも前後の日よりは高めでしたが)、時折薄曇り、そしてちょうど良い風(半家沈下橋では向かい風の烈風でしたが)と、ここ数年の大会では一番の好コンディションの感じがしました。

 紅星はただでさえ他人様よりオーバーヒート&脱水症状になりやすい体質で、加えて前述の天気なもので、参加するたびに死にかけながら(冗談でなく本当に)何とか完走するのがお決まりのパターンだったりするのですが、今年は天候も味方し、オーバーヒート対策にステーションごとに腕や首筋に水を掛けて冷やしたりしたのと、体力付けにと夏からほぼ毎日ネバモノ(山芋・納豆・オクラ・もずくなど)を食べ続けたのも幸いしたのか、ついにゴールまで脱水症状による手足・舌・更には頭のマヒもなく、上半身は全く元気なままで、それが自己2番目の成績に繋がったのではと思います。

 MA330156_20091025195210.jpg 半家沈下橋で(公式ホームページから)

 半家沈下橋(13.8km地点)を11時25分前後に通過。右上の画像は、四万十ウルトラ公式HPギャラリーで見つけた通過時の紅星の画像です。

 MA330157_20091025195210.jpg

 半家の坂(16km手前地点)から、眼下に蛇行する四万十川を携帯でパシャッと。

 12時15分頃、西土佐カヌー館(22km地点)に到着。ここがコース途中最大のエイドステーションで、言うなればウルトラランナーの“オアシス”。ここで握り飯2つと味噌汁を補給(携帯画像もあるのですが、アップロードすると変になるのでうまくいったらアップします)。

 ここまでは例年通りか、例年より少し遅い感じ。でも、例年ならここから先24、5kmほどで膝に激痛が走ったり、足がつったり、手足が痺れてきたりとでボロボロになり、しばらく足を引き摺りながら歩くのですが、今年はこの地点ではまだまだ好調。道端のドングリやサルナシを拾ったりという心の余裕もありました。

 岩間沈下橋にて(公式ホームページから)

 岩間沈下橋(29.5km地点)を13時20分過ぎに通過。上の画像も公式HPギャラリーから拝借。実物より二割増しで凛々しく撮れています(笑)。

 その後も、左足の膝がやはりガタガタになり、35km地点から時折歩くものの、上半身と右足は例年ほどのしんどさを感じず、42.195km相当地点のタイムは約5時間30分ほど。3月に参加した宿毛花へんろマラソンより好タイムで、しかもまだ余力がある。これは過去最高もイケルのでは・・・とも思いましたが、やはり左膝の故障が枷となって、それからはズルズルとスピード低下。

 でも何たって頭は元気。左足は痛いけど、ピョコピョコ走りでもゴールへ、ゴールへ!疲れてだれて来た時には沿道の声援と胸の『HASTA LA VICTORIA SIEMPLE !』の文句を唱えて奮い立たせ、ひたすら歩いたり走ったり(といっても、本人は走っているつもりが、歩くよりちょい早いくらい)。

 佐田沈下橋(54km地点)までは何とか人の顔が見えて、民商の会員さんが沿道に声援に来てくれていて、また励まされました。

 ラストスパートの残り2km、百笑坂は左足がどうにもならず歩いて上る羽目になり、これが最終盤のタイムロスになった事は否めませんでしたが、中村高校正門前に来たら、『ここまで来たら走らんといかんろう』と思いましてピョコピョコ走りを再開。左膝はよう上がらんけど、右足と上半身と気力で、さああとは直線でFINISH・・・と思ったら、『○○君(紅星の本名)!』と呼ぶ声。周りを見ると四国銀行のYさんの姿を見つけたので、立ち止まって握手し5秒ロス(苦笑)。それからは両脇の声援に包まれつつ、頭に書いたタイムでFINISH!!・・・どうも、テープ切った瞬間、思わずガッツポーズしていたような気がする・・・。

 下はゴール後、メダルを掛けてもらい、近くの人に撮ってもらった写真。
 
 ゴールの中村高校グラウンドにて

 その後は続々とゴールしてくるランナーの人たちを応援したり、ゴールの写真を撮ったりしてから、寒くなってきたので更衣場で着替えをしようとTシャツ脱いだら、走る前まで2.5段腹だったのが、贅肉が摘まめなくなっており、何と肋骨まで浮き出ていました!!途中殆ど食べ物口にせず走ったからだと思いますが、それにしてもなかなか落ちなかった脂肪が半日で無くなるとは!(その後風呂場で体重量ったら、一日で6kg減っていました

 帰り間際ゴール情報、リタイア情報見たら、知り合いでは、同じ60kmに参加し前日も健闘を誓い合った山手通りのAさんが紅星よりも30秒早くゴール(スタートでは紅星が早かったに・・・どこで抜かれた?)、スタート地点で言葉を交わした同じく60km参加の大月九条の会のIさんは残念ながらリタイア。100kmでは、土佐高知さんとウチ(民商)の事務局長は残念ながら途中ピックアップということでした。

 さて、いつもならこのウルトラ60km出場後は4日ほど歩くのもしんどかったりするのですが、今回は翌日こそしんどかったですけど、火曜には普通に歩けて、水曜には走れるまでに回復していました。これは練習の成果か、食生活の改善効果か、はたまた全力出さずに走っていたか・・・?

 今週末は走ろうとしたら雨だったから止めましたが、今週からまた、来年向けて練習を再開しようかなぁ・・・なんて思っています。

 あとは、来年もここに居れて、走れたらいいんだけどね・・・・・・・。




以上、今晩はここまで。したっけ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/270-0b185d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遠望楽観

日曜の朝、フォークジャンボリー云々のアナウンスが、 NHKから聞こえてきた。画面に注目すると、 「輝け僕らのフォークソング~岐阜 伝説のコンサートから40年」という 地方制作局の番組をこれから全国放送するとの由。 これは観らねばなるまいと、TV桟敷の前に陣取っ... BLOG BLUES【2009/10/29 01:02】

人生の秋

 ← 我が家の庭で、ゴミから生まれて育ったとうがん。全長30cmほどになってます。  店先に並んでいる冬瓜からは想像も付きませんが... とむ丸の夢【2009/10/29 11:01】

今日、東京へ行きます。起きれるかなあ

どうして福間がただ同然でやったのを買わなくてはいけないのか   事前に市に話はなかったのか。機構に聞きに行きます 行く前に、資料が... ひとみちゃんにも ちょっと言わせて【2009/10/31 01:09】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。