紅星、地区党大会で怪気炎を吐く(!?)

去る19日の土曜日、昼過ぎから四万十市某所(別に怪しい場所じゃないよ)で、JCP第25回党大会に向けての上りの幡多地区党会議がございました。

 例年の地区党会議は1回きりなのですが、今年は1月の第25回党大会を挟んで、2月にもう1回、今度は大会決議を踏まえての具体的な党建設を話し合う下りの地区党会議があるのです。

 さて、紅星は民商グループから、グループ長の代理として、代議員資格で参加しました。

 狙いは一つ、大会決議案に対して意見具申するためです!


 前もって代議員参加の旨を地区委員長(某ブロガーさん)に伝える時、

「言いたい事言わせてもらいますからね!」

などと言っていたもので、地区委員長は「コイツ、何物騒な発言する気やろか!?」(日頃のブログの内容がナニなもので)と気になってしょうが無かったと、のちの飲み会で言われました。

 話戻して、以下、地区党大会をダイジェスト風に。

 ☆県常任委員会を代表しての、春名なおあき次期参議院選挙高知選挙区候補のあいさつ

 2009幡多地区党上り会、春名さんあいさつ

 高知選挙区候補が決まってから、生活相談所を設けて相談活動を行っています。今度の参議院選挙は、やりがいがあり、頑張れば大きく躍進できる選挙と確信しています。

 何故か?政党の配置・役割がはっきりと見えているから。

 自民党は高知県選挙区ではついに候補者一本化できず、言うことも「日本保守の復活」、「大和魂」だのと、国民の困窮・苦難と別のところで勇ましい事ばかり言っている。

 民主党は、衆議院では政権交代一本で押し通し大量議席を得たが、今度は政治の中身について鋭く問われるが、党内でも軸がブレまくっている。

 そのようななかでJCPは、建設的野党として、いい事は協力する一方で、国民生活を脅かす動きに対しては断固反対していく。

 これらの各政党の姿を明らかにして、JCPへの支持を思い切って強めれば、必ず良い結果が出るものと確信しています。ともに頑張りましょう。


 春名さんと紅星は、高知大1年の春にあった消費税学習会の時以来だから、来年で20年にもなりますが、何と言うか、選挙で残念な結果になってもその度ますます元気に甦る『不死鳥』のような人だなァと感じています。

(そんな春名さんの最近一番のショッキングな出来事は、娘さんの突然の結婚だそうで・・・相手の方は民青の香川県委員長?だとかで、紅星的にはおめでたい事だと思うのですが、やはり男親というのは複雑なものがあるのでしょうか?)

 何はともあれ、来年の夏には全国を吃驚させる結果を出すべく、半病人の紅星も尽力したいと思っています。

続いて地区委員長が大会決議案の報告をしたのですが、これが実に熱かった!!

普通なら5章もある文面を簡単にまとめつつ流していったのが、恐らく全国各地の地区党会議の光景だったろうが、ウチの地区委員長は持ち時間の殆どを第2章の(5)に重点投下!

 以下がその熱い報告の概要。

 この決議案、私は、『第2章』とりわけ(5)をどう押さえるかがカギ、と感じている。

 『新しい情勢』を象徴する出来事が「普天間移設問題」だ。沖縄のたたかいと、国民のたたかいが「年内決着」を阻止した。鳩山首相は性根が座りきっていないところもあるが、これが歴代の自公内閣なら、米国の『懸念』の一声を聞いただけで竦みあがり、思考停止して辺野古移設強行にアクセルを踏み込んだろう。鳩山首相に米国の言いなりにさせきっていないというのが『過渡的な情勢』なのだ。

 そのような『過渡的な情勢』のなかで、我々JCP党員はいかにあるべきか?普天間問題で言うなら、「沖縄のたたかいを我々自身に置き換え、我々自身のたたかいとする」事がまず肝要だ。日本の商業紙はこと普天間問題では「日米同盟守れ」一色の思考停止で、平和問題では進歩的な記事を書くわが県民紙高知新聞さえも「日米同盟至上主義」に囚われている。唯一の例外が沖縄2紙である。

 「沖縄のたたかいに連帯しよう」と、高知の2青年が行動を起こし、その集会はメールづてで広がり成功を収めたが、今ほど「自分からだけでも始めよう」というのが大事ではないか。
 「民主党はなっていない」とただ批判するだけなのではなく、民主政権をどう国民にとって前向きに変化させるかがJCP党員の役目ではないか。自公政権の時のように「様子見してボロ出したら叩こう」では、今進みつつあるプロセスから弾かれ、JCPも国民に見放されるだろう。また、党内部について言えば、党組織批判ばかりに血道を上げるのではなく、如何に自分自身がその問題点に対し行動を起こし、改善を働きかけていくのかが鋭く求められる。

 そのようにして党外の人たちとともに諸問題でたたかいを進めると同時に、近しい人に党綱領を知ってもらう活動も大事。また、支部のあり方・もち方も根本的に改める必要があると痛感している。「詰める会議」は面白くないし、時代から取り残されていくだけだ。そのようにまわりの人とのウィングを広げ、学習を通じて自信や自覚を高めて、「守りの選挙」から「攻めの選挙」へ転じよう。


 その後は党大会決議案の討議に移ったのですが、

 「『比例代表中心の制度めざしたたかう』とあるが、他党からも中選挙制度復活論が再び盛んになっている事も考えると、『中選挙制度復活も一つの選択肢』として共闘の余地も残すべきでは」

 「政府・財界の反動攻勢は今に始まったことではない。詳細に書いて貴重な紙面を割くより、そのスペースを具体的な選挙戦略提案などに充てた方がいい」

 「我が幡多地区党は年寄りばっかりになっている。若手まかせばかりでなく、青年対策に力を入れるべきでは」

など、流石は幡多の歴戦の活動家の方々だけあって、中々手厳しい意見も多かったです(そんな発言をニコニコしながら聞く紅星)。でも、手厳しいのもJCPに愛があるからで、皆さん日常活動は若手顔負けだったりします。

 そんな中で紅星も2度ほど発言。

 1回目は、一般有権者にJCPという『商品』をいかに知ってもらうか。そのためには、党中央に『魅せる印刷物(チラシ・ポスター)』を作るチームを創設する提案と同時に、我々党員一人一人もPR活動に創意工夫して、『目立つJCP』へのアクションを起こす事を提起。

 2回目の発言は、次期参議院選挙や地方選挙については扱い多く取っているが、次期総選挙は、民主党が政権放り出さない限り、衆議院・参議院・東京都議選のトリプル選挙になる公算が大である事にも言及し、そのための4ヵ年組織建設計画を文面に盛り込むべき。

と、歴戦の活動家目の前にして若造が偉そうな事言わせていただきました。

 1回目の発言の内容については、どうやら『党活動版・臨時号』に載るようなので、そちらをよろしく☆


 とまあ、そんなこんなで、ちょっとハプニングもあったけど、県党会議の代議員も決まったり(推薦名簿に名前なかったんで立候補しようかなとも思ったけど、よく考えたら他に予定あったのでパス)して、無事に上りの地区党会議終了!

 夜に春名さん囲んで懇親会しようというので、迷わず参加させてもらいました。

春名さん懇親会手ブレまくりver.

 紅星は、この幡多地区党の飲み会が大好き!だって面白いんだもん。

「幡多は一条家の土地やけん、長宗我部の高知のようなやり方ではやれん!!」

とか、

「各県党や地区委員会が中央の言う事をただ唯々諾々と聞くのはイカン!幡多(郡)や土佐(国)が独立するような気概・エネルギーを持って上(党中央)を突き上げ、ガンガンやりながら方針決定していくんが民主集中制よぇ!!」

だの、中央の人(例えば○さん)が聞いたら卒倒するんじゃなかろうかみたいな発言、ポンポン出てくるんですから。

 でも、こんな酒の席でざっくばらんに政治談議できちゃう、土佐や幡多の人柄が古くは幸徳秋水さん、新しくは山原さんや上田・不破兄弟(お二人の尊父は土佐清水出身の『上庄』さん)のような先輩達を輩出したり、全国でも誇れる1割超のJCP支持率に繋がっているんじゃないかなァ・・・なんて思うんですよね。

 幡多の党員の人たちって、本当に元気で、温かくって、よく面倒見てくれて・・・・大好きです。何時までも、この人たちと楽しく、党活動をやっていって、幡多のJCPを日本一のJCPにしたい!!!





 離れたくないよぅ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

TB Thank you !


トラバありがとうございます。

往年の同志たちの写真を宴席とは言え、載せちゃって良かったんでしょうか?クリックで拡大すれば『面が割れます(笑)』
撮影したであろう御自分は映っていないんでしょう?

詳細な会議の内容については、ノーコメント!

【2009/12/22 09:53】URL | JUNSKY #96q68/9Y[ 編集]

お疲れ様です


「戦術」みたいなものは、状況次第で「その場」で考えることができると思いますが、(その場で考えないと、全国一律の作戦など無理)
本当に、全党あげて考えなきゃならんこと、ってあるんじゃないでしょうか。

 たとえば、「ガソリンの値段は今より高くあるべきか、安くあるべきか」
 民主党の税率フラフラを批判することは簡単だけれど、
CO2の25%削減、というのは、イコール石油の輸入を4分の1減らすこと。 どこの石油を減らすのか?

「国民的合意」のもとに導入という「環境税」に、まず「党内合意」はあるのか・・・?
など。

あと「中国って、本当に「社会主義をめざす国」と見なしていいの?」

こういう時に話し合わないと、どこで話し合うんだ・・・、と思います。

【2009/12/22 21:00】URL | ×第二迷信 #2CpNAWCc[ 編集]

ご意見ありがとうございます


まずはJUNSKYさん、写真のご指摘ありがとうございました。
確かにこれでは各個人に掲載の了解取っていないのでまずいかもなァ・・・と思い直し、乾杯の瞬間の手ブレピンボケ写真にすり替えさせてもらいました。

あと、『撮影した自分自身は映っていないんでしょう』云々ですが、このブログの某エントリー記事では顔出しまくっていますので、思い切り面割れしていますし、本名までバレバレです(´・ω・`;A)

次に第二迷信さん、「ガソリンの価格」とか、「中国の評価」ってのは今回のうちの会議では出ませんでしたね。もっとも、日頃から党員の中からも「中国を『社会主義を目指す国』ってするのはどうよ?」という意見は出されたりしますし、紅星も中国政府は正直言ってあまり好きじゃありません。
 本当はそっちも決議案への意見として上げたかったんですが、「一人一回、1200字以内」と制限つきだったので、宣伝・イメージ戦略についての意見を投稿させて頂いた次第です。
 でも、恐らく『大会決議案意見集』に誰かは中国政府の評価に対する意見を投稿しているのでは、と思っています。

【2009/12/22 21:48】URL | 管理人(紅星龍水) #UUAZtqBU[ 編集]

TBありがとうございます!


紅星さま、明けましておめでとうございます。
遅まきながら、年末の地区党会議での記事へのトラバ、ありがとうございます。
よそさまの地区党会議の中身までのぞいたみたいで、どうもどうも・・・・。

私のところも、地区党会議の後、打ち上げをしました。総選挙からこっち、地方選挙続きで、年明け早々春まで選挙が続くし、それから参院選なので、疲れきってしまってはいけませんからね~。

お互いに、いい世の中にするために熱く語り、熱く活動しましょう!
実り多き一年となりますよう!

【2010/01/03 21:10】URL | 明子 #SFo5/nok[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/304-c103aa7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)