自分へのX´masプレゼント

 今日は世間一般では“X´masイヴ”という事で、近所のケーキ屋や肉屋が大賑わいで、中村駅にもイルミネーションが灯っていた(もっとも、このイルミネーションは10月頃から灯っているのだけど)。

 中村駅イルミネーション


 もっとも我が民商はいよいよ年末の資金繰りも厳しく、会費集金に東奔西走、何とか給料とボーナス分までかき集めねばとバタバタしていて、落ち着いて聖夜を楽しむ気分には程遠い。

 加えて、紅星は明日夜から、新年4日朝まで中村を留守にする(つまり、帰省する)ので、その準備でもてんやわんやであるところ。

 まァ、それでも、別に切支丹でもないけど、折角だから自分への褒美との意味を兼ねて、ささやかながらX´masの宴を催してみた次第です。

 写真じゃ分からないでしょうが、メニューは三色パスタ(ペンネ・アラビアータの赤、カルボナーラの黄、バジリコの緑)とローストチキン(ア○ア購入)、そしてシャンメリーの代用品のジンジャーエール。

 一人の食卓は寂しすぎるとの事で、某ゲームのお二人にご同席願いました(苦笑)。

 今日の夕ご飯X´masバージョン(1) マナカ姫 今日の夕ご飯X´masバージョン(2) ミドリンコ

加えて、X´masプレゼントというものでもないのですが、自分への慰労と、温故知新の奨励も兼ねまして、丁度ヤフオクに、装丁こそ日焼けがあるものの本そのものはしっかりしている、『幸徳秋水全集』3-6巻が、何と3千円(定価だと6千円以上!)で出品されていたので、迷わず落札(こんな掘り出し物なのに、入札者は何故か紅星のみ・・・)。

 ヤフオクでGETした秋水全集

 本当にいい買い物ができたと、心より出品者の方に感謝しているところです。何せこの4冊には、『廿世紀の怪物帝国主義』『萬朝報論説』『謹奏(田中正造翁直訴文)』『社会主義神髄』『平民新聞論説集』『共産黨宣言』その他の、秋水氏の代表作がギッシリと詰まっているんですから!

 今までは市の図書館から1年間近く借りっぱなしにしたりして迷惑かけてましたが、これで好きな時に好きなだけ秋水氏の著作に親しむ事が出来ます。

 折りしも、来る2010年は韓国『併合』100年かつ『大逆事件』100年の年であり、N○Kの『坂の上の××』3年連続放送に乗じてヤスクニ狂徒が巻き返しを掛けて来る予感がひしひしと伝わってくる今日この頃。そのような時代こそ、再び秋水氏の『非戦』の叫びに触れ、これを広める事は、いよいよ喫緊の課題ではありますまいか。

 例年は帰省中、PCゲームに興じたり、唯ダラダラとTVを見たり、惰眠をむさぼったりなぞしている紅星ですが、『廿世紀の怪物帝国主義』読了および翻訳に手をつけたいと考えている次第です。

 そんな訳で、今年の当ブログ記事の更新は今日まで。
 明日は夜行バスで一路神戸へ向かい、そこから山崎古戦場か長岡京あたりを散策して、夕方の飛行機で実家に帰省します。

 元旦に予約投稿機能使って年始挨拶させていただきますが、更新再開は新年5日以降となります。その時に元気なら、またご愛顧のほどお願いいたします。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/305-ea8f4a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)