やれやれ、これでまた納豆が食せる(苦笑)

 1/7の『発掘!あるある大事典Ⅱ』で「納豆ダイエット」が紹介された途端、全国の店という店から納豆が消滅(笑)した『納豆狂騒曲』は、それから2週間後『あれは実はウソでした』という報道が一斉にされた事で予想外の突然の終結を見る事になった。フジテレビや製作元の関西テレビには全国から「裏切られた」「信頼できなくなった」との苦情・抗議が殺到したらしい。

 しかし、紅星にとっては「納豆のダイエット効果」などどうでもいいニュースである。それよりこの2週間納豆を買い漁り、ガセと分かったらヒステリックに「騙された!!」とわめき散らしている連中に一言いいたい。

              『阿呆か、お前ら(怒)』


 紅星はこの番組を見ていなかったので前々から『何で納豆だけが消滅したのか?』という疑問を持っていた。

「単に納豆が体にいいというだけなら、今までも散々言われてきたし・・・。何か、『イソフラボンがいい』というアオリが関係しているらしいけど、それなら何で納豆だけ売り切れて、同じ大豆製品の豆腐やら豆乳やらは売れ残っちゅうがやろうか??ナットウキナーゼか何か、納豆にしか含まれていない成分で画期的な発見でもあったんやろか???」

 納豆は北海道時代には毎日朝に食卓に上り、高知に移ってからも『安くて健康にいいから』と、週に1、2回は食べるようにしていた食材である。
 また、製造メーカーそれぞれがタレや豆に工夫を凝らし色々なバリエーションがあるため「今日はどの納豆を食べようか」と、何となくワクワクするものがある。

 そんな紅星なので、この騒動の最初の1週間ほどは、まだ笑って見ていられる余裕もあったが、それ以後は日を追うにつれ段々と腹が立ってきた。

 『俺ァ、いつになったらまた納豆を食えるようになるが!?』

 買い物に行くのは大体仕事が終わってからにしていたので、その時間帯には当然、ない。それでは、と昼に昼飯買いに行ったついでに覗いてみても、ない。

 実に、今日の夕方にフ○で納豆をゲットするまで、この2週間納豆の『姿』すら拝む事ができなかったのである。

 恐らく、にわか納豆狂徒のオバハン連中により買い占められていたものと推察されるが、この前の土曜(ちょうど謝罪会見が行われた日)にはフラストレーションがかなりのレベルにまで高まってきており、あと一週間この騒動が長引いていたらブチ切れるかも知れんかった矢先だったため、今となっては『ガセで良かったかも』と胸を撫で下ろしているところである。

 その一方で、言っておきたい事がある。
 納豆にダイエット効果が『ある』というのはねつ造だったが、それによって日本古来から受け継がれてきた優れた健康食品である納豆の地位はいささかも揺るがないはずのものである。消費者のなかには今回の騒動で『騙された』『何を信用したらいいか分からない』とヒステリーを起こしている輩もいるようだが、

別に『毒』を『薬』と偽って食わされた訳ではないのだ。

そのまま食べ続ければ良いではないか。ウチの近くのスーパー『ア○アさ○き』の納豆コーナーには、『はなまるマーケット』だったかの特集を引用して『血液サラサラ効果』をうたっているし(これもひょっとしてガセ・・・なのかな?)。

 とにかく、今回の騒動はマスコミの言うこと(マインドコントロール)を頭っから信用しているとどうなるかを如実に示した好例だと思う。

 まず疑え!そして『科学の目』で是非を見極める習慣を持て!

 これ以上書くとまた長くなってしまうので、紅星の言わんとする事は以下の方たちに代弁してもらうとします。

 テレビ局の洗脳ミッションは成功している

 「あるある大事典『納豆ダイエットはねつ造』」でわかる日本人の民度

 
 最後に、今回の騒動の一番の被害者は、突然の需要増大で大型スーパーなどに小突き回され、残業までして「それでもみんなに美味しい納豆を食べてもらいたい」と必死に納豆を増産して、さあ出荷できたぞとなった途端にこんな事になった全国の納豆メーカーの労働者の方々だと感じているが、皆さんはどう思われるか?

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

おひさしぶり


随分更新が途絶えていましたようですね。
また、TBください。

【2007/01/24 00:36】URL | JUNSKY #-[ 編集]

ちぃーす!!


お兄さん、お久しぶりでございます。
年賀状のURLを頼りに来ました。

しかしそれにしても、今回の納豆騒動には参りましたな。
納豆はうちの天馬の好物だったのに・・・・・・。

しかし何ですな。この手の人種ってくりかえしテレビのやらせや捏造をうのみにしてはまた再び「だまされた!」って言うのかな?何だかおんなじ失敗を繰り返しては堂々巡りをしていきそうな気がしてならない。
幸いにも私はいろいろな情報ソースに加えて自分の直感を第一に考える方だから、直感がウンと言わなければ安易に飛びつかない。
だけれども科学の目がないとこの直感というのもまたあてにならないから、
「買ってはいけない」でも読んで科学的に批判する目を養うか。

【2007/01/24 04:06】URL | 等々力たくみ #.fml/kd.[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/31-bab271bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「納豆ダイエット」ねつ造  鳥越俊太郎氏のコメント

先日「納豆のダイエット情報はまったくのインチキだったって」という記事を書きましたが、しんぶん「赤旗」1月23日号では、この追跡記事を書き、鳥越俊太郎氏のコメントを載せています。インターネット版には掲載されていなかったので、丸ごと手入力して紹介します。** JUNSKYblog2007(改題:観劇レビュー&旅行記と日記)【2007/01/24 00:27】

「あるある大事典『納豆ダイエット』はねつ造」でわかる日本人の民度

またも日本人の民度の低さ、メディアリテラシーの低さが明らかになった。フジテレビ系列のテレビ番組『発掘!あるある大事典2』の2007/01/07放送分「納豆ダイエット」に多数のでっちあげが含まれていたことが話題になっているが、それよりも、この放送の後、全国のスーパー 愛と苦悩の日記【2007/01/24 07:40】