スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


四万十の花嫁・・・お幸せに!

 twitter記事でも書きましたが、4月10日の「四万十の日」に因み、四万十川三里沈下橋周辺で6回目となる「四万十川船上ウェディング」が催されました。

 主催は四万十市内の4つの業者でつくる企業共同体『四万十D&H(ドリームアンドホープ)』。

 前日9日に朝から梅雨時のような豪雨があり、当日も小雨交じりでどうなるろうかと心配しつつ、野次馬カメラマンの一人として行ってきましたが、背に『龍馬』の金文字が躍る凛々しい紋付袴姿の新郎と、雨で濁った四万十川と対照的に溜息の出るような純白の白無垢姿の新婦に、親族友人、に加えてTV新聞の報道陣、更に多数の一般カメラマンはすっかり魅了された、非常に良いお式でした。

 毎回、応募者から3組を選んで、四万十の日に因んで4万10円という破格のお値段で挙式をするというのがこのイベントのウリなのですが、今年の応募総数43組中、晴れて四万十の新郎新婦となったのは、アメリカ・フロリダ州の松永さんご夫妻、千葉県船橋市の高橋さんご夫妻、そしてお隣町・高知県高岡郡四万十町(高知には四万十と四万十の2つがあって中々観光客泣かせ)の太田さんご夫妻の3組でした。

 松永さんご夫妻後姿 高橋さんご夫妻後姿 太田さんご夫妻後姿

【左から松永さん、高橋さん、太田さんご夫妻。肖像権とかありますので、後姿でご容赦を】


 


 さて、紅星が会場の三里沈下橋に着いたのは午前11時ちょい前。「どうなっちょうろうか…!?」と心配しつつ現場に着くと、まだ人影はまばら。スタッフが準備作業を進めている他は、そんなに人はいない…と思っていたら、一般カメラマンは結構多い!?カメラ持った人が周辺をウロウロしていました。

 暇なので川の写真撮っていると、沈下橋に『おめでとう』の横断幕を張るというのでお手伝い。この横断幕張り、第一回目の四万十ウェディングの時、民商事務局員としてスタッフとして参加し、胸ポケットに入れた携帯を川ん中にドボン!とやってしまった(因みにその携帯のストラップはアカメ)エピソードが今でも関係者の中で語り草になっています。

 川風がややあるのと、沈めるブロックの位置で少しもたつきましたが、うまく張ることが出来ました。

 おめでとう横断幕

 その作業が終わってふと周りを見ると、一組のカップルが既に盛装して現場に着いたところでした。そのカップルはお隣町・四万十町の太田さんご夫妻。無聊をかこっていたカメラマン集団のリクエストに、笑顔を絶やさず応えてくれたお二人。「目線こっち頂戴」「もっと寄り添って」など野次馬カメラマンなのにみんな一丁前に注文までつけよる。さながら観光モデルさんの撮影会!?みたいな様相でしたが、嫌な顔一つせず、逆に興奮状態のカメラマン集団を逆撮りする茶目っ気も。いやぁ、ざまにえい二人やったです!!

 太田さんご夫妻1 太田さんご夫妻2 太田さん新婦

その後続々とほか2組の新郎新婦、ご親族や友人が到着し、賑やかになってきて、紅星も他のカメラマンの方と会話を楽しんでいたら、羽化したてと見える若いトンボがあるカメラマンさんにとまったので写真撮らせてもらいました。そう言えば、もうトンボ公園はトンボ飛び交い始めているろうか?

 若蜻蛉

 そうこうするうちにセレモニー開始時刻の13時となり、まずは船上結婚式(屋形船の中で三三九度や指輪交換を行います)の為新郎新婦3組とD&H関係者を乗せた屋形船と、親族を乗せた屋形船の2艘が沈下橋を潜り、下流の佐田沈下橋へ向かいました。

 その光景をギャラリーはハラハラしながら注目。この日の四万十川は水位が高くなっており、屋形船が通れるかどうか微妙な感じでした。

 いつもより水位が高い三里沈下橋

で、試しに屋形船2艘とも沈下橋を潜れるか、無人でテスト運航を試みたんですが、両方とも一部を沈下橋で擦ってしまうという結果だったのです。当の屋形船の船頭さんは「まあ、人乗せたら船が沈みこむけん、大丈夫やろ」と気楽に言っていましたが。

 そして人乗せていざ本番となったですが、船頭さんの言うとおり、何の問題もなく沈下橋を潜り抜けて2艘とも佐田へ降っていきました。

 佐田方面へ降る屋形船2艘


 戻ってくるのは30分後ということだったので、河原の面白い石を拾ったり、トイレに行ったりして時間つぶししていました。

 で、2艘が戻ってきて、次のセレモニー、三里沈下橋をバージンロードに見立てた新郎新婦の沈下橋パレード。

 紅星は写真を撮るのでなく動画で行こうと河原に飛び降り、沈下橋上をゆっくり歩いてくる新郎新婦を撮ろうと構えます。そして沈下橋出口から道路の方面を見やると、TVや新聞各社が今や遅しと歩いてくるのを待ち構えていたり、新郎新婦の親族友人がカメラで撮ろうとしていました。

 新郎新婦の沈下橋パレードを待ち構える報道陣


 これが曇天・濁った四万十川でなければどんなに良かったにと思いましたが、雄大な四万十の風景を背に歩く新郎新婦、やっぱりいい画になります。ビデオ機能で撮ったのでアップできないのが残念。

 さて、その後は新郎新婦も河原に降りて、主催者である四万十D&Hの小椋代表のあいさつ、田中全四万十市長のあいさつ、親族友人の言葉と新郎のあいさつ、そして鏡割りと行われました。

 ところで、企業共同体『四万十D&H』というのは、実は紅星が2月までいた職場・中村民主商工会の会員さん有志が仕事起こしのため業種を超えてつくったもので、そのメンバーは民商会員に限られます。そんな訳で紅星も過去の四万十ウェディングにスタッフとして数回参加した訳ですが、この日の小椋代表(前中村民商会長)のあいさつでも、きっちりと民商の事についても触れていたのは流石と思いました。

 四万十D&H小椋代表あいさつ
【『四万十D&H』4業者のうち、左から『アート美容室』さん(ヘアーセット担当)、『屋形船さこや』さん、
そして『花嫁衣裳のおぐら』小椋社長】

 続いて、田中全四万十市長もお祝いのあいさつに駆けつけてくれました。

 田中四万十市長あいさつ 市長と新郎新婦3組 多数の一般カメラマン集団

鏡割りでは、普通は中身はお酒ですが、今回はお菓子。鏡割りした後、餅撒きのように参加者に新郎新婦が撒いて、特にお子様方大興奮!!キャッキャ言いながらお菓子に飛びついていました。

そして最後のセレモニー、沈下橋をゲートに見立てて親族友人による『フラワーシャワー』。上流から潜りに入る時は手で掴めるだけ撒いているのですが、どのカップルにもいたずら好きの友人というのが居るもので、沈下橋から下流へ屋形船が顔を出し、新郎新婦が見えた途端、まさに『シャワー』のごとく、篭を逆さにして花びらをドバーっと浴びせかけられていました。

 フラワーシャワー松永さんご夫妻 フラワーシャワー高橋さんご夫妻
【左:松永さんご夫妻、右:高橋さんご夫妻。太田さんご夫妻の模様は動画撮りのためここではアップできませんです。】

 この後、新郎新婦3組と四万十D&H関係者、そして田中四万十市長で記念撮影をして全セレモニーが終わり、後は懇親会会場の『ホワイトキャッスル』(ここも中村民商会員)へと三々五々移動していくのですが、終わった途端、少し強い雨が。

 ここで感銘を受けたのが、3組のカップルとも新郎が新婦を庇うように移動したり傘を差し掛けていた事。何時までもその労わりの心、相手を思いやる心を忘れずにこれからの共同の人生を歩んでいって欲しいなぁ…なんて、何か鼻がツンとするものがありました。

 さて、締めの3枚は、いつもなら絶景の撮れるはずのスポットでとったもの。やはり濁流で魅力が4割減という感じでした。3スポットとも、晴れた日の夕暮れは、それはもう是非とも人に見るのを勧めたいほど絶景なんですよ!そのうち、その絶景の四万十川の画像もアップできればと思っています。

 40010rain01 40010rain02 40010rain03

 四万十川ウェディングに興味をお持ちの方は、『花嫁衣裳のおぐら』さんのサイトに紹介ページ、

 http://www.bridal-ogura.jp/dh/top.html

がありますので、リンクからぜひご覧下さい。因みに、このページの12万6千円というのが通常価格で、四万十の日限定価格で4万10円となります。

 最後に、今回四万十ウェディングで挙式された3組のカップル、そして過去に挙式された全てのカップルに幸多からん事を!!




 以上、今回はこれにて。したっけね




 





 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/387-5ff0c2f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

せっかく筍掘って、と思ったのに、雨

今日は、お花見。久しぶりに梅酒など  と、頭の中では  朝、窓を開けると水たまり  これじゃ、竹林の藪に入れんばい、と。  滑って骨... ひとみちゃんにも ちょっと言わせて【2010/04/12 16:28】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。