スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ラジオ派遣村』5月1日放送分~新プレゼントと村長から重大発表など~

 メーデーから帰り、魚の世話やら、つぶやいたりするやらするうちに何か睡魔に襲われ、ちょっとのつもりで横になったら午後6時まで寝てしまった紅星です。

 「こりゃいけん!」と飛び起き、『ラジオ派遣村』webラジオに耳をくっつけつつタイプする事4時間あまり、今回もどうにか全文入力する事が出来ました。

 今日はメーデーだったこともあり、村長とアシスタント共子さんの「メーデー漫才」に始まり、新プレゼント『村長カレー』や村長からの重大発表、『教育格差問題』、そして話題の本の叩き売りと、今回も盛り沢山の内容。

 それではどうぞ!


【オープニングトーク】

 共:さて村長!今日から5月ですねぇ!

 村:はい、共子さん、今日5月1日は何の日ィか知ってますか?

 共:えっと、3日と5日は知ってるんですけどぉ・・・

 村:ちょっとちょっと!今日はねぇ、5月1日といえば労働者の祭典メーデーですよぉ!

 共:あ、やっぱり。あのね、集まったはりましたぁ。

 村:そうでしょ。あのー、もともとねぇ、120年以上も前に(共:うん)アメリカの労働者がストライキをしたことがきっかけなんですけども、(共:はい)当時はね、12時間、14時間労働というのが当たり前やったんですよ。
(共:へぇ~)せやけどそんだけ働いてたらね、自分の時間はないし、家族との時間も過ごされへんから、(共:寝る時間も・・・)無くなりますよねぇ。だから一日8時間労働をということで始まったんですけど。やっぱりあのー、今日本でもね、派遣切りや雇用の雇い止めなど、労働問題は非常に深刻ですから、この番組を聴いて皆さんね、いろいろ勉強して頂いたらなぁと思います。

【お知らせとお便り紹介】

 共:まずはうれしいお知らせから行きたいと思います。

 村:そうなんですよ!実はね、リスナーの皆さんのリクエストにお答えいたしまして、(共:はい)新しいプレゼントが登場いたしますぅ!

(共:その名も!)『ラジオ派遣村の、村長カレー』ですっ!!

 共:へぇ~村長カレー、すごいですねぇ!(村:そうでしょ)あ、味もね、これ美味しいんですよ皆さん。お肉や野菜がたっぷりそのまんまのかたちで入ってて、どっちかっていうとご家庭で作るカレーの味を再現しました。(村:そうなんですよ)隠し味にバナナ!・・・と言いたいんですが(村:バナナ入ってないよ!バナナは入っていない)、じっくり煮込んだ香味野菜が入っていて(村:はい)、ちょっと大人の味にね、(村:なるほどなるほど)仕上がっているんです。

 村:えー、まーあの、クオカードのね、プレゼント希望も非常にね、たくさん頂いているんですけれども、これからは村長カレーもね、プレゼントになるということで、今度はちょっとこの村長カレーも叩き売りをせなあかんなと!(共:はい)思っております。

 共:今月からですね毎月、福島安心の店ネットワークさんの提供で、村長カレー4箱セットを(村:ほう!)5名の方にプレゼントします(村:おお、これは太っ腹!)。応募方法は番組の最後に申し上げますので。

 村:そしたらあのー、クオカード希望かカレー希望かね、メールやお便りには、書いて頂いた方がいいですね。

 共:そうですね。え~、ぜひ皆さん楽しみにして頂きたいと思います

 村:はい、よろしくお願いしますぅ!

 共:そして実はですねぇ、(村:はいはい!)村長からここで皆さんに重大発表がもう一つあります。

 村:そうなんです。実はね、え~、来週の放送を一区切りといたしまして、約2ヵ月間のね、お休みを頂くことになりました・・・。えーこんなにね、毎回聞いて頂いているリスナーの皆さんとお別れするのは寂しいんですけれども・・・

 共:村長、でも番組は続くんですよね!?

 村:もちろんもちろん!このラジオ派遣村、大人気ですから、番組はどんどん続きますけれども、まぁちょっと暫らくね、2ヶ月ほどお休みさせて頂くということになります。

 共:え、村長が休むんですけれども、村長の居ない間、私はどうすればいいんでしょうか(^ω^;lll)。

 村:共子さんひとりでやる?(ま、マジですかァΣ(゚д゚|||)!?)それはやっぱり無理かなぁ?(共:う~ん)そしたらね、あのー、僕が留守してる間は、僕より、若くて!(うん・・・)、イケメンで!(ええぇ・・・)、こういう労働問題・派遣問題、生活保護の問題、しっかりとね、相談受けることができる、村長の代行を探してきますんで(共:はい)、はい、ぜひ来週ね、えー紹介したいと思いますんで、楽しみにしていて下さい。

 共:き、期待して待ってますぅ!

 村:はいはい、お願いしますね!

 村:え~まあ今週もガンガン行くんですけれども、お便り紹介したいと思います。(共:はい)え~、

 「行き倒れより食い倒れ。素敵な言葉ですね!えー私が叩き売りして欲しいのは、ズバリ、主人です。(村:夫さんのことでしょうねぇ)(共:へぇ・・・)。休肝日はなしで、煙草も本数を減らしてと言っているのに、全く聴く耳持たずです」

ということで、えーまぁこういうことで色々揉めてるそうなんですけれども(共:でも、仲良さげですよね?)、えーこれは東住吉区の「おがはら」さんですよね。えー、でもやっぱりね、こうやって色々心配していただいてるっていうことですからね、ぜひ奥さんの言うこと聞いて頂いてねぇ、健康には気をつけて頂きたいと思いますぅ。


【本編相談コーナー】

 共:えー、それでは今日の本編のお便りを紹介したいと思います(村:ハイ、よろしくぅ!)えーと、この方は「奈良のかっぱ」さんというラジオネームの方です。

 村:「かっぱ」さん、どうも。

 共:はい、

「先週たまたま車に乗っていて番組を聴きました。番組のタイトルに大変惹かれました(村:ほう)私は42歳で、現在、幸い正社員として働いていますが、私の職場でも、20代30代の若者はとても少ない賃金で懸命に働いてくれています。私は小学生の娘を抱えております。将来のことを思うと、どのような教育を受けさせてやれば良いのか、不安の種は尽きません。若者と、成果を分け合えるような仕組みづくりが大切だと思います」

というお便りなんですが。

 村:なるほど。うーん、やっぱりあの、世代間でね、色々もう働き方やそういうシステムが変わってきてるというのもあると思いますし、将来ね、若い人達が結婚して子どもが出来たとして、教育にどれぐらいお金がかかんねやろう、みたいなね(共:うん)、心配もあると思うんですよ。
 で、やっぱり、家庭の所得が高ければ、教育や、習い事に(共:うん)使えるお金も当然増えるわけじゃないですか。(共:そうですよねえ)
 で、あの実はね、文部科学省が発表した調査があるんですけれども、例えばあのー、学校以外の習い事ってありますでしょ。例えば英会話とか、(共:ピアノやバレエや)そうそうそう。そういうね、えー「郊外活動費」というんですけれども(共:ふーん)、例えばね、年収が1200万ある世帯の場合は、1年間に大体70万円ぐらい、そういう習い事に使っているんだって。(共:うーん・・・)すごいでしょう?(共:うん)ところがね、年収400万円未満の世帯になると、13万円ぐらいになるんです、年間が。(共:へー・・・)だからね、5分の1以下なんですよね。
 だからホントにあのー、所得の格差が、やっぱりその教育を受けたり、習い事をしたりする格差にね、繋がるっていうのはね、僕はやっぱり良くないなというふうに思ってるんです。

 共:そうですね。あのー、昔だったらね、東大京大阪大とかね(村:そうそうそう)、国立の一流校というのは(村:ええ)結構、苦学してね(村:はい)、勉強して行かれる方も多かったけど、今はこう、一定のこう、いい学校、いい塾に行って、(村:うん)そして家庭教師をつけて勉強して、で国公立の大学に行かれるような。

 村:そうそうそう。ただ共子さんね、その国公立の大学もね、初年度入学金と授業料あわせたら80万円以上するんですよ!(共:ええ~っ!!)

※紅星の記憶だと、20年前、紅星が高知大入学した時は50万前後だったような気がするんだけど・・・。

 ええ、ほいであのー、私学でもね、130万からしますからぁ、やっぱりお金が無かったら大変なんですよね。

 共:行かれへんねぇ・・・

 村:そうそうそう、で、日本だけがねぇやっぱりあの、比べてみたらすごい高いということが分かりまして、例えばアメリカでもね、州立大学、これは年間だいたい50万ぐらい、ですよね。で、おんなじ国立で比較するとね、フランスは2万円。(共:なんでそんなに安いんですか?)これ年間2万円ですよ。(共:ええっ、月じゃなくて!?)月じゃなくて。で、フィンランドとかデンマークとかね、北欧のほうに行きますとね、基本的にはね、タダなんですよ

 (共:絶句・・・)

 村:ですからホントにね、お金の心配しないで、大学まで行くことができるというのは親御さんにとってもね、僕はホントにあのー、嬉しいことと違うかなと思ってるんです。でやっぱりね、あのーお金かかるじゃないですか、色んなことに教育なんかにね。
 ただそうは言っても、高校まではね、公立高校は授業料無料化されましたけれども、まぁ大学はまだそうはなっていないので(共:うん)、かといって諦めるの気の毒じゃないですか。(共:うんうん)でぜひね、私今日皆さんに訴えたいのは、えー、奨学金制度というのがありますんでね、これを活用するということ、(共:うん)それからね、学費の減免、これ大学でもね、窓口行ったらできる場合あります。意外と知らない方、多いと思うんですよ。(共:知らないと思いますねぇ)それから入学にあたってね、支払い猶予や、一時金を借り入れるということもできるんですよ。(共:うん)で、公的な機関がいっぱいあるのでね、もうサラ金なんか行かんと、そういう公的な融資をね、しっかりと探してもらいたいと思います。

 村:ぜひ、あの、「奈良のかっぱ」さん、お便り頂きましたけれども、お金の心配しないで若い人達が子育てできるような環境を作るために、頑張りましょう!

 
【バナナの叩き売りコーナー】

 共:さてさて、ここでお楽しみ、村長の『バナナの叩き売り』コーナーです!このコーナーでは、皆さんからお寄せ頂いた、叩き売り希望の商品を村長が独特の口上に乗せてお届けします。
 今週は、出版社と本の叩き売りです。日本機関紙出版センターから発刊された話題の一冊(村:うん)、『山登りねこ、ミケ』(村:ほうほう)・・・本当に猫が山登りするという話(村:いやー、猫の山登りって、聞いたことありますねぇ)何かミケは15歳だそうなんですけど。

(※人間年齢に換算すると、何と90歳!(76歳説もあり)

 村:ほほう、何か飼い主の岡田さんと一緒に自力で歩いて、登山しているということでねぇ!

≪清水ただしバナナの叩き売り 日本機関紙出版センター『山登りねこ、ミケ』の巻≫

いよーおっ!! 今日の売りもん本でっせ 北アルプスの安曇野の ちょっと変わった猫のこと
 
ミケと言う名のその猫は 何と珍しオスの三毛 山好き夫婦に連れられて リードも付けんと黙々と 登った山は60山

犬が登るはよく聞くが 猫が登山は珍しや

そんな可愛い三毛猫と 家族の交流描いてる 写真とエッセー満載の 本のタイトル何と言う

みんな覚えて帰ってや 『山登りのねこ、ミケ』と言う!

「元気が出たよ」「癒された」 読者の感想次々と 話題になって増刷へ

日本機関紙出版センター 自信を持って八甲田発行だ!
 
値段も手ごろ千円で 送りもんにも最適だ

検索は、日本機関紙出版センターで! どうだ!!





 以上、今回も目で読む『ラジオ派遣村』終わり!!

 ・・・それにしても、村長代行って誰なんでしょうねぇ?・・・(謎笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

村長カレー


京大の『総長カレー』は、レトルトなのに人気商品だそうです。

昔は、国立大学の授業料が3万6千円/年でした。
入学金、というのが何故必要なんだ? という疑問もありましたが、
(授業料が3.6万円なのに、入学金が5万円!!)

高すぎる教育費の問題は大きいですが、
とりあえず目の前の学費などで借金地獄に落ちないよう、
社協や自治体の貸付を利用してほしいですね。
(京都市みたいに、「同和」だけ別枠で審査も返還請求もなし、は論外ですが)

【2010/05/03 12:40】URL | ×第二迷信 #EEOsZA66[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/398-a3561541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。