スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


紅星の車中泊旅行顛末記【4/13の記:ひこにゃん初訪&犬の城再訪】

【4月13日(火) お天気はその地により曇ったり晴れたり】
 さて、両親との車中泊旅行は実質この日からスタート。この日の行動計画は、亀岡から一路彦根城を目指し、午前中に見終わって、午後2時頃に犬山城到着し見学。それから先は出来るだけ岐阜県内を北上し、14日の目的地・白川郷に少しでも近づく…というものでした。が…

 それでは本編、スタート!


 この日は少しでも移動距離稼ごうと、何と朝4時半起き!当然外はまだ真っ暗。

 DSC05188_convert_20100513113845.jpg

朝食は途中の道の駅で摂ろうって事で、服に着替え次第出発。

 ☆ イマココ L:京都府亀岡市余部町4
4:46 AM Apr 13th movatwitterから

 ☆ ガレリアかめおか出発なう。まずは彦根へ!
4:49 AM Apr 13th movatwitterから

 京都市街の混雑を避けるべく国道を彦根めざし走らせているつもりが、どう間違えたか湖西方面へ…幸い道路標識で違うことに気づき、ロスは20分程度で食い止める事ができました。

 その後は大津、瀬田、草津と過ぎ、丁度6時半に『道の駅 かがみの里竜王』があったので、ここで朝食に。

 DSC05195_convert_20100513113719.jpg DSC05197_convert_20100513114340.jpg

 ここで何か朝市でもやっていないかと見てみると、『火曜定休』の看板が正面にドン。…もっとも、こんな朝早くから開けている道の駅なんてないって。

 という事で、車中で亀岡のスーパーで半額引きで買ったという惣菜をおかずに朝食。

 で、その後ふたたび一路彦根へ移動開始!…もっとも紅星、内心では正月に行きそびれた安土の『信長の館』にも行ってみたかったんだけど…時間なくなるけん、黙ってました。

 さて、
 ☆ イマココ L:滋賀県彦根市金亀町5-37
9:32 AM Apr 13th movatwitterから

という具合に、9時半に彦根城到着。着いた時は晴れで、丁度桜も満開から散る時期に。

 という事で、ここでツウィート!

 ☆ 彦根城なう☆ ちょうど桜が満開!写真撮るぞ~!!
9:34 AM Apr 13th movatwitterから

というように、城に入る橋の前は一面桜色!画像ではちゃんと再現できているかな?

 DSC05210_convert_20100513114704.jpg DSC05218_convert_20100513114838.jpg

橋を渡って、まずは天秤櫓へ。ここはちょっとした坂道。因みに前歩いている二人が紅星の両親です。

 DSC05232_convert_20100513114950.jpg DSC05235_convert_20100513115105.jpg

さて、天秤櫓前に着くと、傍らの桜の下に、蕪村の句。

 DSC05248_convert_20100513115226.jpg DSC05250_convert_20100513115351.jpg DSC05245a.jpg

『鮒ずしや 彦根の城に 雲かかる』 これを見て両親は大笑い、紅星は苦笑い。

 何故かと言うと、紅星が中1の冬、家族で近畿旅行した事があったのですが、京都での夜に、紅星が「京都と大津は近いから、これから鮒ずし買ってくる!」と言い出して親を困惑させ、仕方ないから京都に滋賀の土産物店あったのでそこまでタクシーで向かったのですが、運ちゃんには『あんなゲテモノがええの?』と言われる始末。何とかそのお土産屋さんの閉店間際に滑り込み、「鮒ずしないですかっ!」と息せき切って訪ねる13の子どもに、お店の人は少々びっくりした様子でしたが、「ここにはないけど、知り合いに鮒ずし売っているところあるから」と、そこから通販で鮒ずしGETした…という紅星の『武勇伝』?が、今でも家族はおろか親戚中の語り草になっている事が思い出されたから。あの時は、我ながら凄い執念だったわァ…。

 閑話休題。話を戻して天秤櫓内をまず見学。

 DSC05261_convert_20100513121725.jpg DSC05260_convert_20100513115628.jpg hikone13.jpg

櫓の格子越しに外を覗くと、丁度橋の上の人がカメラのレンズの射程内に。「なるほど、防戦の時はここから狙撃するのか」と物騒なこと考えながらシャッター切ってました。

hikone14.jpg hikone15.jpg

 天秤櫓の次は、いよいよ天守閣目指してまた坂を上りまして、着いた門が『太鼓門櫓および続櫓』。

 hikone16.jpg hikone17.jpg hikone18.jpg

 ここをくぐって石段を上り詰めれば、目の前に彦根城、またの名を『金亀城』が!

 hikone19.jpg hikone20.jpg hikone21.jpg hikone30.jpg

さっそく天守に登って、案内表示に従い展示物を見つつ、最上階を目指しますが、現存12天守に共通な階段の狭さ&急勾配。でもそれが城マニアには堪らん魅力なのです!どこぞの城のように、エレベーターでチン!の城は最早城ではなくて『博物館』です…なんて言ったら、○阪の人にしばかれそうですが。

 hikone29.jpg hikone28.jpg

 で、上り詰めた天守最上階からの眺めは、眼下に琵琶湖や彦根市街、井伊氏の庭園『玄宮園』、そして対面に睨みあうように、石田三成の居城だった『佐和山城跡』が。もっとも、佐和山城跡は落城・消失後破壊されて、今は石垣跡とかしか残っていないのですが、最近急に訪れた『戦国武将ブーム』で佐和山城跡を訪れる女子が急増しているらしい。

hikone22.jpg hikone23.jpg hikone24.jpg hikone27.jpg


 hikone25.jpg

 それにしても、ふと頭上を見上げると、凄い梁…。

 hikone26.jpg

 あまりにじっくりと彦根城見たので、時間を心配した両親から『撤収』の下知が。名残惜しくも下に降り、帰り口から再度城を仰ぎ見ると、中々この角度も良いんでない?と数枚撮影。その中でも特に紅星お気に入りのが下の右の写真。右の松の深緑と左の桜の桜色に挟まれた『金亀城』の白壁のコントラスト!どうでしょうか?

 hikone31.jpg hikone32.jpg

 そして石段を降っていくと、誰が置いたか、苔むした石の上に躑躅(ツツジ)四輪。何とも風情があるなと感じましたので、ここに2枚。

 hikone33.jpg hikone34.jpg

 で、お次はさっき上から見下ろした『玄宮園』へ。途中白壁と桜並木が続きます。

 hikone35.jpg hikone36.jpg

 玄宮園も、彦根城同様、平日だってのに結構客がいる。何で?(理由は後ほど分かる)と思いつつ、ここでも気の赴くまま写真撮影。

 hikone37.jpg hikone38.jpg hikone39.jpg hikone40.jpg

ここでも時間くっちゃってヤバイなと思いつつ車に戻ろうとすると、「私らはちょっと疲れたんで車で休むけど、アンタはもうちょっと見てきて良いよ」との母上の言葉。有難く承り、井伊家伝来の宝物を展示している彦根城博物館へ。

 …と、何か同じ方向に向かう人、急に増えたなと思いつつ博物館に入ろうと入場券買っていると、何やら後ろが黄色い声で騒がしい。「何ぞ。誰か芸能人でも来たんか?」と、そっちの方=『表御殿』行くと、

hikone51.jpg

…居った。日本最強のゆるキャラ、

ひこにゃんが!

 hikone41-hikonyan01.jpg hikone42-hikonyan02.jpg hikone43-hikonyan03.jpg hikone44-hikonyan04.jpg hikone45-hikonyan05.jpg

 なんでもこの日・4月13日は、ひこにゃん4歳のお誕生日だったらしく、ひこにゃんは愛嬌たっぷりに沢山のプレゼントを受け取っていました(さっきの人の多さは、どうもこれ目当てだったらしい)。あまりこの手のぬいぐるみに興味を示さない紅星なのですが、その紅星をもってしても「かっ、可愛い!」と思わせる一挙手一投足!中の人はかなりの手練(てだれ)と見た!

 そんなひこにゃんに心奪われること10分ほど。ふと正気に返って、「はっ、イカン、急がねば!」と、博物館を急ぎ足で移動し、撮った写真の一部がこれ。何かブレたりピンボケ多いですけど…。

hikone46.jpg hikone47.jpg hikone48.jpg hikone49.jpg  hikone50.jpg

20分くらいで駆けずり廻って外に出て、もう一度表御殿入ってみたら、ひこにゃんへの誕生日プレゼントが山と積まれていた。これはそのほんの一部。

 hikone52.jpg hikone53.jpg

さてさてお次は、この期間限定公開の『佐和口多聞櫓』。

 hikone-sawaguti000.jpg hikone54.jpg hikone-sawaguti001.jpg hikone55.jpg hikone-sawaguti002.jpg hikone-sawaguti003.jpg hikone-sawaguti004.jpg hikone-sawaguti005.jpg

 ここも駆け足で見て廻り、車に帰る途中ふと横の掲示板見ると…

 hikone57-hikonyan07.jpg

何と消防署もひこにゃん(笑)

 車に戻ると、二人とも寝てました…無理もないか、紅星より一週間多く車中生活送っているんだからとしばらく待とうとすると、気配で起きて、簡単にパンで昼食を摂った後、次の目的地・犬山へ。

 写真の撮影時間からすると、3時間弱見てた事に…そりゃ普通の人は付いて来れんわ(苦笑)。

 さて、彦根から犬山に向かう途中、米原過ぎた醒ヶ井の『水の駅』で飲料水の補給と、ワカサギの南蛮漬け、そして何と鮒ずしが1600円という破格の値段で売っていたので速攻GET!(ただ、使うてる魚はニゴロブナじゃなくてヒワラ(ギンブナ)っぽかった。でも安いからこれはこれでOK)

 そこから関ヶ原、大垣、岐阜と過ぎ、犬山に着いたのは午後3時ちょい前。城ってのは午後4時半に入城シャットアウトして仕舞いにかかるけん、急いで見にゃ。

 ☆ イマココ L:愛知県犬山市犬山北古券65-2
3:24 PM Apr 13th movatwitterから

 inuyama001.jpg inuyama002.jpg inuyama004.jpg inuyama005.jpg inuyama006.jpg

この犬山城、別名『白帝城』は最近まで城主の末裔の成瀬さんの資産という、全国でも唯一の個人所有の城だったのだけれど、この掲示板によると最近、財団法人で管理するようにしたらしい。ここの職員さん(?)は成瀬家の執事の方なのか、皆、背広にネクタイを締めていて、他の城とちょっと感じ違ったなァ。

 inuyama007.jpg inuyama009.jpg inuyama010.jpg inuyama011.jpg inuyama012.jpg inuyama013.jpg inuyama014.jpg inuyama015.jpg inuyama016.jpg inuyama017.jpg inuyama018.jpg inuyama019.jpg

 眼下に広がる木曽川と犬山の城下町を望んだあと、やっぱり狭くて急な階段を慎重に降りる観光客の皆様。

 inuyama020.jpg

 さて、twitterには、

☆ 犬山城見学終了なう。さっきの彦根城とは違う、シンプルながらも、そばの川や景観と調和した、いいお城でした。今回2回目だったけど、また来られればいいなあ…。
4:08 PM Apr 13th movatwitterから

と呟いた紅星ですが、その直後、その楽しい気分を些か害されるものが目に入ってきました。

 inuyama003.jpg

 これなんですけど、何?これってプチ靖国!?成瀬家の神社だけなら分かるけど、言ってる事が丸っきり靖国やいか!と最後はちょっとむくれ気味で犬山をあとにしました。

 という事で、この日の目的地はこれで全て見終わり、あとは明日の最初の目的地・世界遺産『白川郷』に出来るだけ近い道の駅へと車を走らせたんだけど、運転手の父上が「何か今日は疲れた」と訴えたので、早めに休息をと、『道の駅 美濃にわか茶屋』に泊と相成りました。

 父上が疲れるのも無理なく、この旅行期間中ずっとドライバーしていて、しかもこの日は城を二つも登ったのだから疲れない方が凄い。今年で68歳だし、余り無理させるのも…。

 という事で、この日の夕食も、亀岡のスーパーの惣菜と圧力釜で炊いたご飯(火力はカセットコンロ)。

 寝る前に外出てみたら、やけに空気が張り詰めていて、寒気すら感じたのにちょっと驚き。




 という事で旅行第二日目レポ、如何だったでしょうか?感想寄せていただけたら嬉しいです


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/420-80889c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。