紅星の車中泊旅行顛末記【4/15の記:ちひろ再訪、烏の城そして迷子】

【4月15日(木)天候:ちひろ美術館(松川村)・松本城(松本市)・上田市(夜)とも曇り】

 さて、前日は白川郷と飛騨高山の夜祭を見物し、世界遺産と壮麗な伝統行事に酔いしれた紅星。

 心地よい眠りから覚めたのが朝5時半。いつもの木曜なら、丁度『しんぶん赤旗』日刊紙を配るべく、幡多地区委員会に新聞取りに出かける時間(今回と22日分は他の人に代わって貰っていました)。

 寝ぼけまなこを擦りつつ、トイレのため外に出ると・・・

 道の駅アルプ飛騨古川

 何と一面、雪景色!四月も半ばになって、雪が積もるとは想像だにしていませんでした。

 さて、朝食(まだ京都亀岡の惣菜残っていて食べたけど・・・腹が丈夫なのか特におかしくはならんかった)を食べたのち、7時に出発。まずは『安曇野ちひろ美術館』へ!


 道の途中、雪山や、雪を被った桜並木があったので撮影しつつ向かいました。

 信濃路01 信濃路02 信濃路03

 飛騨から山越えし、長野県に入ると、こっちは嘘のように全く雪なし。10時半頃に松本市近郊につき、そこからちょっと北上すると安曇野・松川村。
 
 DSC06477.jpg 松川村案内図


☆イマココ L:長野県北安曇郡松川村西原区3378
10:53 AM Apr 15th movatwitterから

☆ちひろ美術館なう。前にも一度見学させてもらいましたが、また違う絵が見られそうです。
10:57 AM Apr 15th movatwitterから

安曇野ちひろ美術館庭園 安曇野ちひろ美術館遠景 安曇野ちひろ美術館 安曇野ちひろ美術館テラス01 安曇野ちひろ美術館テラス02 ちひろアトリエ

 残念ながら館内は撮影禁止なので、建物とカフェのテラス、そこから見えたちひろさんのアトリエを撮ってきました。

 さて、ちひろ美術館を出たのが午後1時半頃。もと来た道を戻り、松本市内へ入り、まずは『旧松本開智学校』を見学に。

 松本城駐車場に駐車し、そこから徒歩で開智学校へ。

中野さなえさんポスター発見


 と、途中でJCPの参院長野選挙区候補の中野さなえさんのポスターを発見。その周りには前回衆院選の時のJCPポスターがところ狭しと・・・ひょっとこの家の方、意見集の紅星の意見、読んで下さったんじゃろか?と勝手に想像しちゃいました。

 で、さらに10分ほど歩いたら『旧松本開智学校』到着。

 旧松本開智学校01 旧松本開智学校02 旧松本開智学校03 旧松本開智学校04 旧松本開智学校05 旧松本開智学校06 旧松本開智学校07 旧松本開智学校08 旧松本開智学校09 旧松本開智学校10 旧松本開智学校11 旧松本開智学校12 旧松本開智学校13 旧松本開智学校14

 で、見学終了後に『イマココ』。

☆イマココ L:長野県松本市開智2丁目4-12
3:28 PM Apr 15th movatwitterから

 現松本開智小学校01 現松本開智小学校02

 さて、この『旧開智学校』に隣接して、『松本市立開智小学校』がありまして、『旧開智学校』のドーム状の構造物を引き継いだ建物になっていたので、遠くと校門前から撮影。幸いあたりに人いなかったから良かったものの、下手すりゃ変質者と思われて通報されかねん事しよりました。

そしていよいよ紅星お待ちかね、現存12天守の一つにして、国宝である『松本城』見学開始!

松本城遠望 松本城01 松本城02 松本城03 松本城04 松本城05 松本城06 松本城07 松本城08 松本城09 松本城10 松本城11 松本城12 松本城13

 入城すると、流石現存12天守の『東の横綱』、ガッシリとした重厚な柱や梁に眼が惹かれます。

松本城14 松本城15 松本城16 松本城17 松本城18 松本城19 松本城20 松本城21 松本城22

 天守二階には『松本城鉄砲蔵』という名で鉄砲ほか江戸時代の銃火器類が展示してありました。下3枚目の『抱え大筒』は城壁破壊用、4枚目の『馬上筒』『短筒』は騎馬鉄砲隊(伊達政宗隊が有名)用(もっとも実際は一回しか撃てないので、最初に一射してから後は普通の騎馬隊同様刀槍で戦ったようですが。これで連射銃開発されていたら、米国より100年以上早く『騎兵隊』が結成されていたかも)、そして7枚目がオランダのガレー船(中世欧州の主力戦艦)に搭載されていた青銅製艦載砲(もっとも、カノン砲やカルバリン砲などもっと大きい艦載砲もあったし、国内でも大友宗麟の『国崩』という陸戦砲があったりした)。
 
松本城23鉄砲蔵01 松本城24鉄砲蔵02 松本城25鉄砲蔵03 松本城26鉄砲蔵04 松本城27鉄砲蔵05 松本城28鉄砲蔵06 松本城29鉄砲蔵07 松本城30鉄砲蔵08

 そして天守3階は何もなく真っ暗な『暗闇重』、やっぱり急な階段を登って辿り着いたのが天守4階。最上階からの四方の景色は最高!これで天気良かったら北アルプスとか四方の名立たる山とか見えたろうになァ・・・とそれが残念。

松本城31 松本城32 松本城33 松本城34 松本城35 松本城36 松本城37 松本城38 松本城39

 さて大天守を降りたあとは『辰巳付櫓』と『月見櫓』へ。3枚目は月見櫓から撮った大天守。

松本城41 松本城42 松本城43

 月見櫓見学後は外へ。出てすぐに大天守見上げて撮ったのが下1枚目と2枚目。迫力あります。3枚目の右、大天守にくっ付いているのが辰巳付櫓で、朱の欄干が特徴的なのが月見櫓。7枚目の、枝垂桜越しの松本城郭群が結構お気に入りの写真です。

松本城44 松本城45 松本城46 松本城47 松本城48 松本城51 松本城52

 さて、ここから黒門を通って、元の松本城お堀端に出るのですが、その前に、松本城保存の功労者2人のレリーフを撮影。先ほどの城の中の沿革説明にもありましたが、明治5年、時の政府の城郭破却政策により、松本城も235両余り(1両6万円位とすると、1410万円!?ローン組んだら普通のサラリーマンでも買えてしまうお値段。でも、姫路城なんかこっちで書いたように現代価格23万5千円ですから、評価額は松本城のが上だったって事!?)で競売されてしまうところでした。それを幾多の困難を越え買い戻したのがレリーフ左の市川量造氏、その後荒廃しつつあった城の保存復興運動に功があったのが右の小林右也氏。このお二人、そして松本の人達の懸命な保存運動のおかげで、こうして名城を見る事が出来るがですねゃ。

松本城53 松本城52-1 松本城53-1 松本城54 松本城55 松本城56

 黒門から出たあとは、お堀端ぐるっと一回りして、気にいった角度の松本城を撮影。

松本城57 松本城58 松本城59 松本城60 松本城61 松本城62 松本城63 松本城64 松本城65

 そして最後に『イマココ』と『ツウィート』発信!

☆イマココ L:長野県松本市城西2丁目3-11
4:54 PM Apr 15th movatwitterから

☆松本城入城終了なう!!流石、白鷺(しらさぎ)の姫路と双璧をなす、漆黒の烏(からす)松本城!満開の桜と相まって素晴らしかった☆
欲を言えば、天気が良くなかったのと、寒かった事かな。一生の内に、是非また来られればと思っています!
5:07 PM Apr 15th movatwitterから

 そして明日の観光目的地である無言館と上田城跡のすぐ近くに、4月にオープンしたばかりという、『上田道と川の駅』目指して車を走らせ、午後7時ちょいには上田市入ったがですが、ナビには当然入っちょらんわ、地元上田市の人に尋ねても要領得んわ、運転手である父上は段々とイライラしてくるわで気まずい空気が流れる中、やっと正確な位置を知っている人に会えて、何とか午後8時、到着することが出来ました・・・やれやれ、もう少しで喧嘩になるとこだった(汗)

☆イマココ L:長野県上田市下之条
8:03 PM Apr 15th movatwitterから

☆上田 川と道の駅到着。最近出来た道の駅なので、見つけるのも大変だったし、今のところ他にキャンピングカー見当たらず。トイレキレイだし、上田原古戦場近くなので、名が知れたら結構利用する人増えるかも。
8:15 PM Apr 15th movatwitterから

上田道と川の駅01 上田道と川の駅02 上田道と川の駅03 上田道と川の駅04 上田道と川の駅05

 と呟いたように、ホントほとんど車泊まっちょらんし、施設も綺麗なトイレだけ。でも、五月蠅くなくてえいか、とこの日はさっさと寝たのでした☆




 う~む、ホントはこの記事15日にUPするはずだったに、実際のUPは19日の午前11時、遅れようねゃあ・・・。てな訳で、UP日時にツッコミ入れんと、寛容なお心でこの旅行記をお読み頂けたら幸いです☆

 さて、午後2時半から高知で診察やけん、急いで出にゃあ!!


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/422-b5778853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)