かるぽーと会場を埋め尽くす1200人の熱気!in 6.20JCP演説会

 昨日午後7時から高知市かるぽーとで、市田忠義書記局長と仁比聡平参議院議員を招いて、JCPの大演説会が行われました。

 あいにくの雨模様だったので、紅星も「どれぐらい人来てくれるがやろ・・・?」と若干心配でしたが、会場を埋め尽くす1200人の熱気に包まれた、素晴らしい演説会で、紅星も疲労をおして参加した甲斐があったと、大いに励まされる内容でした!


 さっき『疲労』と書いたがは、実は前日19日と20日正午まで『原水爆禁止四国大会』ちゅうががありまして、前日から高知行っちょったがですが、宿泊の申し込みが遅れて、止むなく自分でどうにかせにゃいけんくなったがです。と言っても現在無職で傷病手当で何とか食いつなぎよう紅星が泊るに4千円近くもよう払えません。
 そこで、twitterでも呟きましたが、高知の近くの道の駅『道の駅南国』で車中泊と相成った訳です。twitterでも心配してメッセージ頂いた方もおいでましたが、4月に10日ほど車中泊で旅行してますし、紅星の車も箱バンですんでそんなに窮屈でもないのです。 問題は『蒸し暑い中よう寝れるか』それだけでして、午後7時頃にスーパーの安売り弁当かっ込んだ後、毎日飲みよう精神安定のお薬(結構眠くなる)と、眠れない時に飲む睡眠誘導剤を通常の2倍投与して横になったら、疲れもあったのか、そのまま朝6時半まで何とか寝る事が出来ました。
 ただ、やはり疲労は残っていまして、四国大会2日目はちょっと頭ボケっとしてたところありました。その大会も昼で終わり、『あと6時間あまり何しようか』と思いながら、日曜市みたり、5~7月に毎週日曜やっている、よさこい参加チームの踊りを見てたりしよったんですが、そんなトコウロウロするけん、ついに『もうアカン』ちゅう事で、4時から5時半まで駐車場の車の中で寝てました。でも、これで疲れがかなり取れまして、演説会にもシャンとして参加できたと思います。

 ・・・・って、どうでもいい前振り書き過ぎましたが、午後6時にかるぽーと着いたら開場6時半で、暫くは黒塗りの車の方たちの絶叫や罵詈雑言を聞きよりました。でも各街宣車がそれぞれがなるけん、ただ喧しいだけで何言いゆうのか全然分からん。途中で気づいたか統一してシュプレッヒコール二度ほどしてましたが。

 さて、早く行ったおかげで、演台の正面から2番目の席という、非常に近い席に座る事ができました。

 そして7時、いよいよJCP演説会in高知、スタート!

 高知市内のF医院の院長の応援の言葉、県内3自治体の首長からのメッセージに続き、まずは参議院高知選挙区候補の春名なおあきさんが決意表明。この人も衆議院・参議院と何度も挑戦しつつ残念な結果に終わり、普通なら嫌気さしてしまうだろうに、その度に元気度が増し、街宣活動もますます盛んにやってらっしゃる、スマートながにざまにパワフルな方です。高知選挙区定数1の壁は厚く硬く高いですが、何とかしてまた国会中継で春名さんが政府を追及する姿を見たいものです。

春名なおあきさん①(参院高知選挙区候補) 春名なおあきさん②(参院高知選挙区候補)

お次に登壇されたがは、先日9日に急遽決まった参院比例代表2次発表分の候補者の一人、三ヶ尻亮子さん。多分この方については、高知より福岡の方のほうがよう知ってるんではと思います。
 というのも、4月に高知県委員会の村上信夫さんとご結婚され高知に移って来られたばかりで、新婚ホヤホヤながに、いきなり参院の候補者!「誰が決めよったか知らんが、酷いじゃいか!」とは幡多の某活動家の方の言ですが、とにかく落ち着いて共産党の政策を諄々と訴えてらしてすごいねゃと感心するばかりです(話しされてるところ撮るのすっかり忘れていまして、最後のあいさつの写真でゴメンナサイ)。

 三ヶ尻亮子さん(参院比例区候補)

 実は三ヶ尻さん、16日に四万十市においでてまして、四万十川筋沿いに宣伝行動をされ、紅星も手振り兼写真係として同伴させて頂きました。

 三ヶ尻さん6.16中村宣伝①(手洗川にて) 三ヶ尻さん6.16中村宣伝②(田出川にて) 三ヶ尻さん6.16中村宣伝③(川登にて)

ツイッターでも宣伝行動中呟きまして、

☆イマココ L:高知県四万十市川登1043 4:51 PM Jun 16th movatwitterから

☆ 午後3時半〜5時まで、JCP参院比例候補の三ヶ尻亮子さんと宣伝。画像は川登での宣伝光景。しっかし流石、元JCP福岡のホープ、話上手いわぁ。 http://twitpic.com/1x7uny 6:27 PM Jun 16th movatwitterから

※因みにこの日の宣伝行動は、三ヶ尻さんのブログ、『三ヶ尻亮子の日記で詳しゅうに書かれてらっしゃいますんで、ご一読のほどを(勝間川沈下橋での写真に、紅星も写ってます)。

 三ヶ尻さんの次には高知でもファンの多い仁比そうへいさん。仁比さんもビデオモードで撮影していたので写真なくって、これまた最後の4候補あいさつの写真で失礼します。

 仁比そうへい参院議員(参院比例区候補)

 仁比さんを見ちょると、これは紅星だけやろか、段々と故・山原健二郎さんに似て来ゆう感じがします。最近はJCPの国会議員さんでも何となくソフトな、スマートな感じの方が増えゆう気がして居るがですが、仁比さんは「とにかくこんな悪政は許せん!」と理論より怒りを前面に出して話される方だなと。紅星の記憶にある山原さんもそんな方でした。

 先日、5.23岩国集会の事を記事にしましたが、一つ書き忘れていた事があります。

 DSC00641a.jpg


 この集会には民主党の平岡さん、社民党の重野さん、そして仁比さんの3人が国会議員の来賓として参加されていましたが、平岡さん、重野さんが傘で濡れないようにしながら言い訳に終始し参加者の不評を買うなか、仁比さんはおりからの強い雨に傘も差さず、ずぶ濡れになるのも構わず「これ以上、岩国も、沖縄も、米軍の好き勝手にされていいのか!」など、満身の怒りをもって日本政府と米軍を糾弾し、社民や民主系とされる団体や地元岩国の保守系の参加者からも喝采を浴びていました。

 そんな仁比さんと、生前常々沖縄基地問題を糾弾していた山原さんとが、スッと重なった錯覚に捕らえられたがです。その時、「この人がずっと国会議員であり続ける為に、ウチラ中・四・九州の党員が頑張らねば!」と思った事でした。

 そして演説会4人目の弁士は、やはりこの人、市田忠義書記局長です。

 市田忠義書記局長①(参院比例区候補) 市田忠義書記局長②(参院比例区候補) 市田忠義書記局長③(参院比例区候補)

この方ももう何度も高知に足を運んで来て頂いていますが、何度聞いてもイイ!こんな事言っちゃナニかも知れませんが、志位委員長よりも高知にあっているのかも知れません(もっとも北海道の親曰く、「こないだ志位さんの演説会行ったけど、志位さんのアメリカ話面白かったよ」との事で、あの人の話術スキルも上がってきているがじゃろか?と失礼な事考えたりしていますが)。

 そして最後に参院4候補全員でのあいさつに、観衆は万雷の拍手で応え、選挙勝利へ決意を固めあったのでした。

 どっとはらい。

 ・・・という半分冗談はともかく、JCP高知もついに近代化、何とupstreamで全世界にこの演説会を生中継しとったんですねぇ!!

 やるやいか、県委員会!という訳で、2時間近くありますが、ぜひこの動画もご覧になり、高知の聴衆の感動を追体験してください!

 




 したっけ☆ ・・・と行きたいところなんじゃけんど、感想文に、「文句たれの○○」と県の専従の皆さんから言われちゅう紅星、またいらん事書いちゃいました。演説会には素直に感動したがやけんど、この感想文、市田さんも読むと聞くとつい黙っとられず・・・。

 内容は2点。要約すると、

① 前回・前々回と比例候補者個人の得票を分析すると、名簿の最初の人(04年 市田さん、07年 井上さん)が、割り当て地域を問わずほとんどの都道府県で党内得票トップで20万票集めている。一方、これはJCPだけの奇妙な現象で、名簿最後の人もかなりの得票を稼ぎ、前回07年は春名さん(24898票)に6千票まで迫っています。

 そう考えると、どうも党員にこの参院選比例区独自の『非拘束名簿方式』が理解されていないように感じます。

 今回は「個人名」ではなく「党名」を書く事が決まりましたが、本当にほとんどの党員が党名を書く一方で、2次発表候補が予想外に「個人名得票」をし、1次発表候補者を上回り、市田さん以外は現職落選、代わりに2次発表の新人四名当選・・・などという事に万が一にもならないよう、地区委員会は支部会に入り、選挙制度の学習を強化して頂きたいとお願いします。

 ※参考に、こちらもご覧下されば・・・

② 今日の市田さんもそうでしたが、中央委員会および赤旗は、東京都選挙区の小池さんへの全国からの支援のみを訴えています。
 確かに東京は全国から人が集まり、縁故者も多いでしょう。
 しかし、ここに来て京都の成宮まり子さん、そして大阪の清水ただしさんも当選ラインに急浮上しています。
 高知もそうですが、西日本各県には京都や大阪に親類縁者を多く持つ党員が大勢います。
 東京の小池さんへの支援と同時に、中国・四国・九州沖縄では、成宮さんや清水さんへの支援の訴えもあわせてお願いしたいと切望します。

・・・とまあ、こんな事書いてみましたが、中央は善処してくれるでしょうか?




 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/436-ecbac8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)