スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月から、『ナス農家』の卵になります。

 2月に『適応障害』により民商を離職し、この間高知の病院に通院しつつ投薬治療を続けてきましたが、8月1日より『ナス農家』の卵(研修生)として新たな道に進む事となりました。


 2月に離職直後からしばらくは、被害妄想や他人への攻撃性などに悩まされ、家から極力出ずに他人との接触を避け、傷病手当頼みの『引き籠もり』の状態でしたが、カウンセリングや投薬治療、読書や趣味の金魚飼育、そして4月に親が心配して誘ってくれた中部地方旅行などで気分転換が出来、自分のこれまでの人生を顧みる余裕も生まれました。

 そんな矢先、四万十市の4月広報に『あぐりっこ研修生募集』のお知らせが。『あぐりっこ』は県と市が共同出資して作った、米ナスの水耕栽培研修施設です。

 実のところ、次の仕事は、人に揉まれる職種や人に使われる職種より、自分の力で作物を作る農業従事者になれればという漠然とした想いがこの頃芽生えてきていまして、まさに「これだ!」と感じるものがあり、中部旅行中、両親にその希望を打ち明けました。

 最初は両親も、「同じ農業するなら北海道戻ってきたらどうか?」などと、どちらかと言うと消極的でした。紅星が長男であるのと、3人兄弟中唯一の独身ということもあり、行く末が心配だったからだと思います。

 それでも、今の紅星は故郷の小樽より、現在の四万十市の方に知人が多く、また幡多の地でこれからも暮らしたいという想いが強く、最後は両親も認めてくれました。が、もし研修生に合格したら、もう北海道へは戻る事はない、そう感じたのか、寂しそうな表情でした。

 そして旅行から帰った翌日23日、予め電話で見学希望を伝えておいて、研修施設『あぐりっこ』を見学させて頂き、30日に受付窓口である四万十市役所農林課に願書を提出しました。

 ただ、願書締め切りは6月11日。一ヶ月以上の余裕がありましたが、それだけの意気込みがあるという意志表示のつもりで早めの提出を行ったのです。

 そして6月16日に、面接を22日に行う旨の通知が市役所から届きました。中5日とは急な話やなァと思いつつ、とにかく意気込みを前面に押し出そうと、志望動機を紙に書き出し、何度も復唱して面接に備えました。

 因みに下のは、面接前日のツイッターでのつぶやき。

 ☆ いよいよ明日は、『人生の天王山』、これからの自分の人生を決定づける、乾坤一擲の大勝負が待ちよう。今晩は明日に備えて早めの就寝、明日は早く起きて精進潔斎し、本番では自分の持ち得る全ての知識、経験を総動員して悔いなきようにしよう、そう思いゆう。結果は天命のみぞ知るところ也。いざ!!
10:34 PM Jun 21st webから

 今読み返したら『うわ~、気張っちょうなァ』と思わず笑っちゃう事書いてしまいましたが、それだけこの一事に懸けていたという事です。

 さてその22日、自分の車で『あぐりっこ』に向かおうとしたら、何とバッテリー切れ!!面接時間まで残り30分弱!『これも試練か・・・?』と思いつつダッシュでまずゆうちょ銀行で金を引き出し、中村駅でタクシーを拾って向かいましたら、10分で着いてしまって1番乗り。あぐりっこの所長さんなどと話をしていると他の志望者の方が見えられ、面接の前に市役所の方から説明を受けました。

 曰く、今年のハウスの空きは4棟である事から募集人数は4人。対して応募人数は6人との事。研修後は四万十市内で認定農家となり、市内に住みナス農家を続ける事が条件と伝えられました。

 そして、いざ面接本番!何と紅星が最初!?軽く昂揚しながら面接会場に入り、まずは志望動機や土壌栽培と水耕栽培の違い、経営展望などについて聞かれました。経営展望についての問いで農業を取り巻く状況について聞かれた時、不謹慎ながら「しめた!」と思い、重油の高騰、日米・日中FTA問題、民間企業の農業への参入など厳しい状況にあるが、その対策も含めてこの研修施設で学びたいと答えました(こんな時、『赤旗』って役に立つなって実感しましたね)。

 一番難しい質問だったのが、「今は農業が儲からないと離農する人が増えているし、設備費も高く、労働者の様に定休なぞない。そんな中、本当に続けて行けますか」というもの。ある程度予想されていましたが、一瞬言葉に詰まりましたが、「これでふるい落とされたらそれも天命。」と半ば腹を括って、

「そのように儲からないからとどんどんと離職していくからダメだといい、日本の農業が衰退していくばかりと言うのは我慢できないし、そんな事で農業が日本から消えてしまっていいんでしょうか。もう駄目だと泣き言言う前に、何か手立てはないのか、知恵を絞ってやれるだけやってみるべきだと思うし、研修の3年間でその糸口を見出し、日本の農業の担い手の自負を持って農業に臨みたいです」

と、ちょっと興奮気味だったかなと反省するほど色をなして反論してしまいました。正直、「これはマイナスポイントやろなァ」とも思いましたが、そう言わずには居れなかったのです。

 面接が終わったあと、軽い脱力感と、何故か「言いたい事は全部言った、食いはないさ」という充実感とがごっちゃになりながら、自宅まで1時間、歩いて帰りました。途中、日の光でキラキラ輝く四万十川を横目に見て、「もし研修生になれたら、晴れの日は自転車で通ったら気持ちいいだろうなァ(金もかからんし)」などと考えていると、急に走りたくなってきて、汗だくになるのも構わず最後2、3kmほど走って帰ってきました。

 そして28日、郵便受けに市役所から封書が。開封すると『研修生認定通知』が入っていました。

 かくして8月1日から、『ナス農家』目指して3年間の研修生生活を送る事と相成ったのですが、研修補助金(つまり給与)は月12万円、年収144万円。バイトは禁止。この中から家賃・健康保険・国民年金など払ったら良くてもトントン、多分赤字を覚悟しなければなりません。3年目は実践方式で、売り上げが収入になる代わりに施設に肥料代などを払うやり方になりますが、それでも楽な生活とは行かないでしょう。

 でも、これが紅星の選んだ道ですから、弁当持参や自転車通勤など、爪に火を灯すような生活をしてでも続けたい、そう考えています。

 ただ、2年間で生活が苦しくなった時や、3年後の修了後、農家として出発する時に、親に多大な負担を強いる可能性が高い事を考えると、つくづく親不孝者だなと少し自責の念に駆られます。

 それでも、この事を周りの人に話すと、みんな一様に喜んでくれて、「食えなくなったら、ワシが米をやるけん」などと言って頂ける方もいて、本当にみんなに支えられて暮らして行けるんだなと実感し、つくづくこの地を選んで良かった、そう思っています。

 8月からはそれこそ「貧乏暇なし」の新しい生活が始まり、このブログも更新が滞る事も増えるかも知れませんが、人生どこまでやれるか、やり切れるか、己が力を試しつつ、楽しんで生きたいと思いますので、紅星の新たな挑戦をご照覧あれ。




 以上、今回もお付き合い下さりありがとうございました。したっけ、また次回



 

 

 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

がんばれ


「風車の見える丘」を連想しますね。

>今は農業が儲からないと離農する人が増えているし、設備費も高く、労働者の様に定休なぞない

 は、民商の業者さんも同じですよね。(事務局員も・・?)
(地域によっては、民商の会員の半分以上が農業・漁業だとかも)

補助金というのがクセモノで、補助を受けるからには、自分の好き勝手はできない。(政党助成金をもらって好き勝手やってる議員は多いが)
 肥料も、指定されたものを、指定された量、指定された時期に使え、とかいうことで、
これも「談合」のねたになっている・・・。

とりあえずは「石の上にも3年」がんばってください。
いまのお百姓に欠けているものを、紅星さんは持ってると思います。

【2010/07/04 11:19】URL | ×第二迷信   #EEOsZA66[ 編集]

ところで


退職したとき、社保の「任意継続」はしてなかったんですか?

退職翌年の国保が高いんですよ・・・。

【2010/07/04 11:21】URL | ×第二迷信   #EEOsZA66[ 編集]

がんばって~


記事を見てから何日か考えていましたが、、、

まずは合格おめでとうございます。
よかったですねぇ b(^-^)

希望の仕事につけたみたいで何よりです。
タイヘンなのでしょうが、遠巻きながら応援しています。

オクサマとも話しましたが、やっぱりウチらとしても
少なからず寂しい気持ちもあります。。。
が、自分が好きな土地で好きになりそうな仕事を
できる機会ってあまりないことでしょう。
逆境もたくさんあることと思いますが、ゼヒ頑張って
イイ農家になってください。

ウマい野菜を期待して待っています。
こっちからはホタテでも送りますので(笑)

【2010/07/07 21:08】URL | do #gg5OuPpY[ 編集]

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2010/07/12 22:37】 | #[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/439-28e4f75b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラジオ派遣村村長勝手連結成のお知らせ

高知の紅星龍水と埼玉の大津留公彦です この度二人で「ラジオ派遣村村長勝手連」を結成しました。 ラジオ派遣村村長は突出した個性で大阪で活躍されてますが大阪にいない二人はネットで勝手に応援しようと一致致しました。 我々のできる事は限られてますがこの思いの輪が... 大津留公彦のブログ2【2010/07/03 10:13】

ラジオ派遣村村長勝手連結成のお知らせ

高知の紅星龍水と埼玉の大津留公彦です この度二人で「ラジオ派遣村村長勝手連」を結成しました。 ラジオ派遣村村長は突出した個性で大阪で活躍されてますが大阪にいない二人はネットで勝手に応援しようと一致致しました。 我々のできる事は限られてますがこの思いの輪が... 大津留公彦のブログ2【2010/07/03 10:15】

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

JUGEMテーマ:就職活動 あなたの自分の人生を左右する「仕事」。 そのための... 教えてあげたい【2010/07/04 18:38】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。