『ご支援ありがとうございました』清水さんブログから転載

 昨日は、早朝のW杯決勝・スペイン-オランダ戦観たあとは、余りの選挙結果に安定剤と睡眠薬飲んで(ちょっと多めに飲んだので危なかったかも)フテ寝していた紅星です。

 東京の小池さんも、大阪の清水さんも、京都の成宮さんも、そして比例の仁比さんもいかざった・・・。小池さんと仁比さんの2現職落としたのと、これでとうとう近畿以西にJCPの国会議員はいなくなってしまったこと(赤嶺さんいるけど、あの人は沖縄専門)が、特にショックです。

 今日になってやっと少し落ち着いてきたので、『バナちゃん』こと清水ただしさんのブログにお邪魔したところ、清水さんの、支援して下さった方への感謝の気持ちが綴られていたので、ここに紹介します。

 IMG_0003a.jpg

 


【以下、 『清水ただしのブログ』より転載】

 ご支援ありがとうございました 2010年7月12日4時59分

 ご支援いただいた皆さんへ

選挙でのご支援ありがとうございました。大阪選挙区で366,105票を獲得いたしましたが、当選することができませんでした。日本共産党と清水ただしの勝利のために、一票を投じてくださった有権者の皆さん、昼夜分かたずご奮闘くださった支持者、後援会、党員の皆さんに、心よりお礼を申し上げます。

選挙戦では、他党候補をリードする論戦ができました。消費税増税の目的が大企業減税の穴埋めであることを告発し、首相の交代で幕引きを図ろうとしていた普天間基地問題についても最大の争点のひとつとして明確に押し出してたたかいました。

「財界にもアメリカにも、はっきりモノを言う日本共産党を大きくしてください」という訴えは、多くの府民、有権者の心を捉えることができたと思っていますし、手ごたえも日々高まっていくのを感じました。

また、選挙戦全体を通じて、元漫才師としての話術や市会議員時代に培った経験も十二分に発揮して、派遣問題を扱うラジオ番組にも出演してきました。バナナの叩き売りをしながらの街頭演説はテレビでも繰り返し放送され、これまでにない日本共産党の新しいスタイルの候補者として、党内外の注目を集めることもできたと思います。

しかし、710万人のすべての有権者に党の政策と役割を届けきることに成功できませんでした。勝利を信じてご支援くださった皆さんには大変申し訳ない気持ちで一杯です。私自身も残念で仕方ありません。

ただ、大勢の支持者、後援会、党員の皆さんに支えられ、最後まで全力を出し切ることができましたので、悔いはありません。さらに、これまで党支持者でなかった私自身の友人や家族、親戚が、最後まで日本共産党と清水ただしへの支持を広げてくれたことは、生涯忘れることのない激励と財産となりました。

一番嬉しかったことは、福島区で清水ただしの得票が1位となったことです。国政へ挑むことで多大なご心配とご迷惑をおかけしたにも関らず、ご支持いただいた福島区の皆さんに、何とお礼を言ったらいいのかわかりません。

議員バッヂをつけることはできませんでしたが、府民の暮らしを守るため、掲げた公約の実現をめざし、一人の政治家としてさらに努力する決意をあらたにしています。

これからもよろしくお願いいたします。ほんとうにありがとうございました。

日本共産党 府・国民運動本部長
元松竹芸能漫才師 前大阪市会議員
参議院大阪選挙区候補

清水ただし

【以上、引用おわり】

 この記事を書いている7/13朝9時の時点で未承認も含めて14のコメントが寄せられていますが、

☆ 公示前に「共産党のかたくな(お堅い)ところ、どうにかなりませんか?」とメールしたら、
“清水ただし(本人です)”さんから「ぼくもそう思っています。お笑い×お堅い共産党のコラボを進めます」
と返信を頂戴しました。

清水さんが当選すれば、共産党幹部の方々はびっくりして、少しは柔らかくなるだろうと期待して、応援しました。

ただ、家族を含め周囲は「共産党?!」と、検討の入り口で対象外でした。
長年築き上げた、かたくななイメージは強固でした。
また、今回の党の主張に「そら屁理屈やろ」というのがあったので、理詰めの友人に勧めることができませんでした。(外国に支払った分、法人税をおまけするのはけしからんなど)

このたびはたいへん残念でしたが、こつこつと地味に活動していたら党のイメージから抜け出せません。
今後も派手な活動をして、また議員になって下さい。(市会・府議会・国会どれでも結構ですよ)
by 『目遺影寒月』さん

☆ ほんとうに、ほんとうに、お疲れ様でした。新しい形の共産党の選挙活動ができましたね。どこも報道したり、よいしょしたりしない共産党。清水さんのたたかいは、これからのおおきな財産になったと、思います。結果は悔しくてたまりませんが、わたしも早朝から、仲間三人で雨を衝いて、ポスター掲示の撤去にお礼を申し上げながら、まわりました。さあ、国会の外での、私たちのたたかいのスタートです。がんばって、いきまっしょい。
滋賀県大津市の清水ファンより
by『たかだけいこ』さん

☆ 清水さん
お疲れ様でした。清水さんが、参院選挙区の候補者になっていただいたお蔭で、私たちも大変支持が訴えやすかったし、楽しく選挙戦をたたかうことができました。当選できなかったことは悔しいけど、今後につながる重要なたたかいでした。清水さんにはぜひ次の国政選挙にもうってでてもらいたい。そして、次こそ必ず国政に送り出せるように私たちもがんばりたいと思います。
すばらしい選挙戦と感動をありがとう!
by『にっしー』さん


☆ 参議院選挙…お疲れさまでした。愛知県民でも、【清水ただし参議院議員】誕生を目指し、大阪出身の中学時代の担任に声をかけ、支持拡大を試みたのですが…微力すぎて力になれずに、申し訳なかったです。
朝から…清水さんの選挙事務所に電話して…号泣してしまい、電話に出られた方には申し訳なかったです。
次にまた、清水さんが立った時は、再び愛知から風を起こす決意です。
本当にお疲れさまでした。
by『東三のさかな』さん

☆ 清水さんのがんばりは内外に風穴を開けたと思います。単なるお笑い出身ということではない。これからの共産党候補者のあるべき姿を提起していただいたと思います。
ライブショーのご本人、観客のパワーは最高でした。
これを一回に終わらせてはいけないと思います。
最後挑戦してください。
これからの「清水ただしおっかけ」として、道路から声援し、応援活動を一層力を入れたいと思います。
次回がんばれ!!!
by『ビバビアンキ 野田阪神を通る通勤自転車族』さん

 こうしてみると、大阪だけでなく、全国から清水さんへの支援の輪が広がっていたことを実感するのと、地元・福島区での得票が1位だったことに、清水さんがいかに地元に愛され、また、今までのJCPの殻を破った候補として、府外からも当選が期待されていたんだなァって思います。

 紅星も、埼玉の大津留さんと『バナちゃん勝手連』をつくって、思いつく大阪に知り合いのいる知人に「清水さんに入れてもらうように話をして」とお願いしましたが、少しはお役に立てたのかなァ・・・?と思っています。

 『ラジオ派遣村』で村長代理を務めていた、たつみコータローさんのブログに、


大阪選挙区、本当に残念でした。
清水さん、本当にお疲れさまでした。

マスコミの質問にも気丈に答えていた清水さん。
ある記者からの、
「何か清々しい表情に見えますが―」
との質問にも
「やるべきことはやり尽くしたからね」
と、はっきり答えていました。

マスコミが去った後の
報告集会では、
献身的に選挙応援を続けた
奥さんへのお礼と、
「小旅行」の約束。

家族のことに触れたときに、
清水さん、ちょっと涙。
そう、清水さんの市会議員の辞職、
国政挑戦も、家族の理解と応援なくしては
成りえなかったわけですから。

ライブショーに、ラジオ番組、
共産党のイメージを変えた清水さんの行動、人柄、そして演説。
共産党の候補者として、
歴史にその名を残した、と言っても言い過ぎではありません。

清水さんは、
これからも挑戦し、国会を駆け上がっていく政治家です。

1年間の候補者活動、
ご苦労さまでした。
ちょっと休んで、また戻ってきてください!


とありましたが、全く同感!清水さんは低迷する我がJCPを変革する潜在力を持ちゆうお方。

次の国政選挙は3年後。今回の民主議席減で、次は衆参同時選挙になる公算がますます強うなったと思いよります。

最後に清水さんへのメッセージ。

候補者活動、お疲れさまでした。
今はただゆっくり休養して下さい。
8月からの『ラジオ派遣村』再開、心待ちにしています。
そして、3年後には、衆・参どっちか分からんけど、今度こそ国会へ!
低迷せるJCPを変えるがは、村長しかおらんがですけん!!





以上、この記事はこれまで。今日はもう一つ、引用記事を書きます。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/449-35b700da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)