スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『日本の青空』と豪気節(その2)

 「明日にでも書く」と言っておきながら1日空いてしまったが、話を続ける。

 今回の題名は「『日本の青空』と豪気節」となっている。

 その1を読まれた方で、「『日本の青空』は分かったけど、
 『豪気節』って何? 
どんな繋がりがあるの?」と思われる方も多いだろう。


 豪気節というのは、旧制高知高等学校の南溟寮歌として1923(大正12)年に余田弦彦氏によって作詞・“編曲”された歌で、旧制高知高校およびその後身の高知大学の卒業生および在校生に今でも広く親しまれている。そして全国の旧制高校の『バンカラ学生』にも親しまれたようで全国にも知られるようになり、ここここでは歌詞がアレンジされて、その高校のオリジナルの応援歌と思われているところもあるように見受けられる。

 紅星も高知大学在学中は、大学祭の打ち上げの飲み会後などに『ストーム』と称してこの歌を仲間連中と放歌高吟し、当時大学の広場にあった池(今は埋め立てられ駐輪場だったか、広場だったかになっているようだ)に飛び込んだりしたもので、今でも学生時代の良き思い出になっている。

 桂浜の坂本龍馬像の背中側から数十mほど行ったところに「豪気節歌碑」があり、紅星が今回桂浜に足を運んだのも、大学卒業後十数年振りにこの歌碑が見たくなったからなのである。

20070724230609.jpg


 紅星をそのようなノスタルジックにさせたのが、実は
『日本の青空』
なのだ。

 鈴木安蔵の取材で、月刊アトラスの派遣社員・沙也可とその彼氏の修介は安蔵の娘宅を訪問し、安蔵の話を聞く。話の中で、安蔵が明治の自由民権運動の私擬憲法について研究していたと聞き、修介の、中学時代(?)にグループ学習で『五日市憲法』制定にまつわる寸劇をした回想シーンが出てくるが、この時の寸劇中に歌われるのが土佐の自由民権家・植木枝盛が1878年に作詞・作曲したとされる
『民権かぞえ歌』

一つとせ 人の上には人ぞなき 権利にかわりがないからは コノ人じゃもの
二つとせ 二つとはない我が命 すてても自由のためならば コノいとやせぬ
三つとせ 民権自由の世の中に まだ目のさめない人がある コノあわれさよ
四つとせ 世の開けゆくそのはやさ 親が子供におしえられ コノきをつけよ
五つとせ 五つにわかれし五大洲 中にも亜細亜は半開化 コノ悲しさよ
六つとせ 昔おもえば亜米利加の独立なしたるむしろ旗 コノいさましや
七つとせ なにゆえお前がかしこくて 私らなんどは馬鹿である コノわかりやせぬ
八つとせ 刃で人を殺すより 政事で殺すが憎らしい コノつみじゃぞえ
九つとせ ここらでもう目をさまさねば 朝寝はその身のためでない コノおささんせ

(以下略)

 映画の中では1番の途中までであったが、このシーンで紅星は思わず『おおっ!!』と身を乗り出し、口の中で『民権かぞえ歌』を口ずさんでしまった^^;

 先ほど豪気節が余田弦彦氏の作詞・“編曲”と書いたが、実は豪気節は『民権かぞえ歌』の替え歌なのである(豪気節を『作詞・作曲 余田弦彦』としている資料も一部で見かけるが、時間軸から見て、「替え歌」か「インスパイア」かのどちらかである事は間違いなかろう)。

紅星は豪気節も好きだが、この『民権かぞえ歌』が大好きである。特に日常の党活動や選挙活動で凹みそうになった時にこの歌を口ずさむと、また頑張ろうという活力が湧いてきて、『マイ・ファイティングソング』の一つとして欠かせない存在になっている。

 そしてこの『民権かぞえ歌』から生まれた『豪気節』を愛唱歌として歌い継いできた旧制高知高校は、戦前には反戦活動の「12・15事件」、そして戦後高知大学として生まれ変わってからも、日本の学生運動・青年運動の一端を担い、
米田みのる県議
○牧よしのぶ前高知県議
○その他日本各地の市町村議
  渡辺よしまさ富士宮市議(検索かけて知った方ですが、何と栽漁卒!紅星の大先輩です!!)
  宮内きんじ萩市議
  谷ゆう子淡路市議

そして今まさに激戦をたたかわれている
20060206haruna-happyou.jpg

この人

などといった人材を多数輩出している(ちなみにウチのMINSHOWの県連・高知県商工団体連合会の事務局長も高知大学出身)。

 まさに夏の政治戦も最終盤となっているが、自由民権運動の輝かしき伝統を持つ土地の、その革命歌のアレンジを寮歌として今も歌い継いでいる大学の卒業生であることを誇りに、何としても29日には高らかに『民権かぞえ歌』を歌えるように、そしてこれからも『日本の青空』を守れるように、微力ながら奮闘している今日この頃である。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ご苦労さまでした


行動がすぐに結果に結びつくというわけにいかないのがこの世の無常、、、だからといって手を抜くわけにはいかないし、、
まあええねんけど、、
なんとなく悔しいですね~
この夏を気持ちよく過ごすわけには、、
引きずりそうです

【2007/08/01 00:11】URL | 金魚姫 #MgyRFl1Y[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/46-4d90f422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。