スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント紹介、『赤旗読者を蚊帳の外に置くな』

 昨日、ウルトラマラソンの練習を2時間ほどやり、風呂で汗を流した後、ビッダーズオークションで土佐錦魚の落札合戦に勝利して、まったりといい気分で過ごしていると、『新着コメントのお知らせ』が。

 早速内容を拝見させて頂くと、しばしばコメントをお寄せ頂いている、下司孝之さん(下司病院事務長)からのコメントでした。

 「これはすぐに承認せねば!」と思ったのですが、問題は『ずっとlatter_autumn氏のターン』に対するコメントとして投稿された事。該当記事の冒頭にも書かせて頂いたのですが、この記事はlatter_autumn氏専用でして、コメントとして承認すると妙な事になってしまう為、今回このような、独立した記事として紹介させて頂く事にしました。

 


【以下、下司さんからのコメントをそのままコピペ】

名前:下司孝之
タイトル:赤旗読者を蚊帳の外に置くな

********************
40年ぐらい読んでいて、不思議に思うのは読者をどこそこの会合に行きませんかという、具体的なご案内が紙面からまず見られないことです。

来てもらいたいか、来てもらいたくないかといえば、来てもらいたいのだから、なぜ公の会合にお誘いしないのでしょう。
クローズでないオープンな会は沢山あるのに、明日こんな会があるといった2,3行ですむ配慮がありません。

それで、この春から動員数も書かなくなって、リアルな報道からますます遠のいていくようです。
いいです、朝日新聞でも高知新聞でも明日何があるのかはしつこいほど書いているし、それを当てにして小さな集まりに人を呼んでいる会もまた沢山あります。

赤旗の場合、明日のことを書いている欄は天気予報とラジオ・テレビ欄とスポーツ欄ぐらいでしょ。
学芸や政治・社会欄、地域の運動欄になぜ明日の集会のことを書かないのでしょうね。

昨日の集会のことは書いていますから、報道したい気持ちはあるようですが、宣伝扇動暴露をしっかりやっていないんじゃありませんか。
読者は読者の分をわきまえておれというのなら、そうかもしれないが、読者の力も借りたほうが楽しいことになるんじゃありませんか。
能動的な分子と、受け手をこのように分け隔てをしているからみんなおとなしくなって、かしこまってしまうのではないですか。

情報を発進元から受け手へ、そしてまた発進元へとグルグル廻す新聞作りをなさっていないんじゃありませんか。
自分たちの言葉で語り合っていても駄目でしょ、外の受け手を怖がっているのじゃないかと思えてきますよ。


【以上、引用終わり】

 下司さんは拙ブログにも、JCPに対して好意的なコメントを頂く事が多いのですが、その下司さんをしてこのようなご立腹のコメント。

 紅星も実のところ『しんぶん赤旗』に対して、「この新聞って、党員の活動の為のものなのか、それとも一般の有権者の方々にJCPを知ってもらう為のものなのか、たまに分からんくなるなァ・・・」と、その内容に疑問を持つことがあります。
 果たして付き合いで購読して頂いている方々に、あの5~6Pもあって党員すら読むのに難儀する『幹部会報告』や、党活動版が要るのだろうか???とも思うのです。特に『幹部会報告』なんてのは、その報告の聞き手はバリバリの活動家ばっかりですからあんな内容でもいいのでしょうけれども、一般の人には「JCPって、難しい事長々と言いよんねゃ」と、あまりいい印象与えないのではないかと思うのですが・・・。

 ともかく、この下司さんのコメントを拝見しまして、「まさに正鵠を得た指摘やなァ。こりゃあ、こんな零細ブログのコメントとしておくには勿体無い!」と思いまして、下司さんのOKが頂けましたらJCP中央委員会か『しんぶん赤旗』編集部にメールして改善を求めたいと考えています。




 以上、今回はこれにて。したっけ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

たとえば、京都


JCP京都の「お知らせ」のページ。

http://www.jcp-kyoto.jp/info/enzetsu/docs/top.html

2006年10月 から追加なし。

(たぶん、京都府委員会に「いつまで、【4年前の予定】を紹介してるの?」と意見を送っても、返事が来ないと思う)

 赤旗新聞は「商品」であって、コレが100円なら安い、と思う人はやめない。
 
中身を考えたらお得な買い物だよ、という自信がなく、
「お願いして購読してもらう」で考えてるところに問題があるんじゃ?
「赤旗を読んでたから、賢くなって、もうかったわ」
という体験談を紹介できんものか?と思います。

【2010/09/03 17:27】URL | ×第二迷信 #EEOsZA66[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/462-8fad4220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。