スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitterで『撃石火』の紹介を始めました(01/18のツイートまとめ)

40010akaboshi

今日は、『大逆事件』により、およそ裁判とは言えない公判の末、幸徳秋水氏ほか24名に死刑判決(のち12名が無期に減刑)が下されてから丁度100年。そして24日に幸徳秋水氏は刑場の露と消えたのでした。(続き)
01-18 20:02

享年数えで41歳、奇しくも私紅星も今年その歳を迎えた事もあり、この機に氏の思想や主張を皆さんに知って貰いたく、今日より氏の著作から『撃石火』を紹介して行きたく思います。(続き)
01-18 20:02

『撃石火』は週刊『平民新聞』の「抄」と呼べるもので、その主張を短く明快に纏めた、実に名文と私は考えます。時代背景など予備知識も要りますが、ぜひ、今から約百年前の日露戦争前夜に敢然と「自由(平民主義)・平等(社会主義)・博愛(平和主義)」を主張した人々に思いを馳せて下さい。
01-18 20:08

《一も有せず》今の世に成功す、必ず黄金を要す、門地を要す、黄金門地無ければ、すなわち狹才猾智を要す、巧言令色を要す、美衣美食を要す、しかして平民新聞は一もこれを有する無し、汝果たして何をか恃(たの)む。
01-18 20:09

《唯だ一を有す》平民新聞は一もこれを有する無し、しかも却って今の学者、政治家、文士、論客、新聞、雑誌の決して有する能わざる所の者唯だ一を有す、何ぞや、他なし、平民新聞は真理を語る、忌憚なく虚飾なく真理を語る、活発々の真理を語る、赤條々の真理を語る。
01-18 20:09

《其科を異にす》成功か、知らず、我は真理の命ずる所に従う、失敗か、知らず、我は真理の命ずる所に殉す、真理の眼中には成敗なし、利害なし、窮達なし、平民新聞はこの点に於いて彼巳氏と聊(いささ)か其科を異にす。
01-18 20:10

《人として遇す》平民新聞は伊藤博文氏てふ一人あることを聞く、伊藤侯爵てふ物体あるを知らず、岩崎彌之助氏てふ一人あることを聞く、岩崎の御前てふ物体あるを知らず、開戦を主張する七人あるを聞く、七博士てふ物体あるを知らず、(続き)
01-18 20:12

何位、何爵、何博士、何学士あるを知らず、平民新聞は人を人として遇し、動物を動物として遇し、人面獣心を人面獣心として遇す。
01-18 20:12

《X光線》美なる羽毛もX光線の前には烏有也(ナッシング)、爵位、学位、勲章、服装、真理の前には一切零(ゼロ)なり、平民新聞は理論的X光線なり。
01-18 20:13

《最も神聖なる者》平民、新平民、彼等は権勢に依らず、黄金に依らず、門地に依らず、唯だ人として立つ、唯だ社会の一人として立つ、これ我同胞中の最も神聖なる者なり、平民新聞は深く彼等を敬愛す。(週刊「平民新聞」一号、明治36年(1903)11月15日、無署名)
01-18 20:13


以上!なお、「この文章難しい」、「時代背景がように分からん」という方は、明日のブログhttp://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/ 記事で、現代語訳や、リンク貼ったり註釈加えたりしたいと思いますので、そちらもよろしく。
01-18 20:19



【以下追記に続きます。読んでね♪】


という訳で、大体原文をお読み頂いたら皆さん理解されているだろうとは思いますが、紅星なりに現代語訳させて貰いましたのでお目汚しまでに。

(なお、紅星は学生時代、漢文の成績はさっぱりだったので誤訳もあるかも・・・その時は遠慮なくご指摘下さいまし)


週刊平民新聞 明治36年(1903)11月15日付 第1号 『撃石火』

《一も有せず》
今の世の中に成功するには、必ず財産が必要である。家柄が必要である。財産も家柄も無ければ、ずる賢い知恵が必要である。人に取り入り媚を売る事が必要である。美しい服や美味い食べ物が必要である。しかし、平民新聞は一つもこれを持ち合わせていない。果たして貴方は平民新聞に何を期待するべきなのだろうか。

《唯だ一を有す》
平民新聞は先に挙げた物を一つとて持ち合わせていない。しかし、今の学者、政治家、文章家、評論家、新聞、雑誌が決して持つ事が出来ないただ一つの物を持っている。それは何か。他でもない。平民新聞は真理を語る。遠慮なく嘘も飾り気もなく真理を語る。活き活きとした真理を語る。赤裸々に真理を語る。

《其科を異にす》
成功?そんなものは知らない。私は真理の命ずるところに従うまでだ。失敗?そんなものは知らない。私は真理の命ずるところに殉ずるまでだ。真理の眼中には成功も失敗もない。利害もない。困窮も栄達もない。平民新聞はこの点において先に挙げた諸氏といささかその立場が違っている。

《人として遇す》
平民新聞は伊藤博文氏という人物がいる事を聞いても、伊藤侯爵という物体がある事を知らない。岩崎彌之助氏という人物がいる事を聞いても、岩崎の御前という物体がある事を知らない。開戦を主張する七人がいるというのを聞いても、七博士てふ物体がある事を知らない。 官位が何か、爵位が何か、何の博士、何の学士かなど知らない。平民新聞は人を人として扱い、動物を動物として扱い、人面獣心を人面獣心として扱うだけである。

《X光線》
美しい羽毛もX光線の前にはナッシング。爵位、学位、勲章、服装なぞ、真理の前には一切ゼロである。平民新聞は理論的X光線である。

《最も神聖なる者》
平民、新平民、彼らは権力に頼らず、財産に頼らず、家柄に頼らず、ただ人として立つ。ただ社会の一人として立つ。彼らはわれら同胞の中でも最も気高い人達である。平民新聞は深く彼らを尊敬し愛するところである。



以上ですが、どんなものでしたでしょうか?この『撃石火』、百年後の私達が読んでも深く頷いてしまうところが非常に多くあります。これからしばらく、順次紹介させて頂きますので、ぜひお付き合いの程を

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/490-de2a2bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9.11事件を考える連続イベント

9.11から10年。 お玉が911陰謀論なんて信じる人っているんだと 素朴に発言して5年・・ 市民社会フォーラム上で昨年秋からいろんな経緯があって再燃したこの問題ですが、 一般社会の中でこの話を知... お玉おばさんの・・・政治の話はしばらくお休みするかも・・知れない【2011/01/19 21:34】

東京ドームの「遊園地」の遊具から転落死亡事故! 徹底究明を!

2011年1月31日(月)   つい先だって明けた2011年の1月も、今日が最終日。 早くも1年の1/12が終わってしまった。  さて、ニュースでは、サッカーでの優勝の嬉しいニュースと伴に、 東京ドームの「遊園地」【シティアトラクションズ】 で、 「スピニング... JUNSKYblog2011【2011/01/31 17:14】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。