スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平民新聞第3号の『撃石火』紹介(01/21のツイートまとめ)

40010akaboshi

今日はJCP幡多党旗開きの集いの日なのですが、私紅星、赤貧洗うが如き家計状態なので、残念ながら参加できません。なので、家でおとなしく『撃石火』紹介をさせて頂こうと思います。
01-21 18:19

今日紹介させて頂く分は『平民新聞』第三号(1903年11月29日号)の分。この日の『撃石火』では排外熱を煽る『愛国者』を『鮮血の中毒者』と皮肉り、煙草商人は煙草官営の賠償金を貰えるのに、同じく鉄道敷設で失業する車夫には何の補償もされないと批判しています。それでは本文どうぞ☆
01-21 18:52

《奇妙なる論理》個人は喧嘩すべからず、国家は喧嘩せざるべからず、個人は強奪すべからず、国家は強奪せざるべからず、奇なるかな今の開戦論者の論理、個人に在て最大の罪悪は国家に在て最大の美事となす。
01-21 18:53

《名誉なる商売》国家の為に労働者の子を駆るべし、国家の為に細民の税を徴すべし、国家の為に御用達となるべし、国家の為に石炭を売り込むべし、国家の為に演説会、懇親会を開くべし、国家の為に美人を聘(め)し酒を飲むべし、愛国者てふ商売は名誉なるかな。
01-21 18:54

《随一の愛国者》愛国者の事業は唯だ国威国光を輝かすに在るか、国威国光とは唯だ日の丸の旗を押し建てるに在るか、かの広目屋は日本随一の愛国者なり。
01-21 18:54

《一種の中毒》佐々君、頭山君、維新の革命に遭い、佐賀、熊本、鹿児島の乱に会い、血の中に生長して、血に依って功名を得たり、これら皆血の色を見ざれば飯が美くない諸君なり、怪しまず諸君が戦争に渇せることや、彼等は鮮血の中毒なり。
01-21 18:55

《野に在る間》進歩党、煙草官営に反対すと、善し、大いに佳し、大隈重信氏が野に在る間は大に反対すべし。
01-21 18:55

《米探》露国の政治家に使わるる者、これを露探と名づく、米国の資本家に使わるる者、何ぞこれを米探と名づけざる、村井に使わるる者、何ぞこれを村井探と名づけざる。
01-21 18:56

《文明進歩》煙草商人、その業を奪わるると稱(しょう)して賠償を得、車夫その業を奪わるるも、賠償を得る所なし、従順なる者は必ず飢ゆ、これを文明進歩と名づく。(週刊「平民新聞」三号、明治36年(1903)11月29日、無署名)
01-21 18:56

最後に、本文中にあった『佐々君』、『頭山君』、『村井』について補記。『佐々君』は帝国議会衆院議員佐々友房氏、『頭山君』は玄洋社総帥頭山満氏で、ともに強硬な国家主義者。『村井』は、多分小説家の村井弦斎ではなかろうかと・・・もっと詳しい方おいでましたら教えて下さい。
01-21 19:10



【続きに、例によって紅星の拙い訳を載せてみましたので、良かったらどうぞ】


【週刊「平民新聞」三号、明治36年(1903)11月29日付】

《奇妙なる論理》
「個人は喧嘩してはいけないが、国家は喧嘩しなければいけない。個人は強奪してはいけないが、国家は強奪しなければいけない」最近の開戦論者の論理の何と奇妙な事か?個人において最も罪であり悪である事が、国家においては最も美しい事だと言うのだから。

《名誉なる商売》
国家の為に労働者の子を軍隊に駆り立てよう。国家の為に貧しい者からも税金を取り立てよう。国家の為に御用商人となろう。国家の為に石炭を売り込もう。国家の為に演説会や懇親会を開こう。国家の為に美人をはべらし酒を飲もう。・・・愛国者という商売は何と名誉なものだなあ。

《随一の愛国者》
愛国者の事業はただ国の威勢や国の威光を輝かす事にあるのか?国の威勢や国の威光とはただ日の丸の旗を押し立てる事なのか?だとしたら、かの広目屋は日本で一番の愛国者である。

《一種の中毒》
佐々(友房)君頭山(満)君は、維新の革命に遭い、佐賀、熊本、鹿児島の乱に参加し、血の中に生長して、血によって功名を得た人物である。彼らは皆、血の色を見なければ飯が美味くないという諸君である。彼らが戦争を熱望しているのを不思議がってはいけない。彼らは鮮血の中毒なのだから。

《野に在る間》
進歩党は、煙草の官営に反対すると言う。善い、大いに佳い事だ。大隈重信氏が野に在る間は大いに反対したまえ。

《米探》
ロシアの政治家に使われている者を、世間は露探と名づけている。それならば、アメリカの資本家に使われている者を、何で米探と名づけないのか?村井(弦斎)氏に使われている者を、何で村井探と名づけないのか?

《文明進歩》
煙草商人がその業を奪われると主張して賠償金を得ようとしている一方で、車夫は(鉄道敷設のあおりで)失業しても、全く補償される事がない。従順な人間は必ず飢える、これが文明進歩と呼ばれるものである。



最後に蛇足。今回の撃石火を訳していて、「村井タン」の響きに何やら〝萌え〟を感じてしまったのと、進歩党の煙草官営反対のくだりで、「何やこれ、TPPに対する自民党の態度みたいやねゃ」と思った紅星でした。




以上、今日もこれまで。したっけ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/497-fdb4f5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。