パスタを貪り食い、明日に備える

 今年も
『第13回四万十川ウルトラマラソン』

まで24時間を切った。

 紅星も明日の出走に備えてエネルギーを蓄えるべく、この2・3日、三食ほぼ毎食と言っていいほどパスタを貪り食っている。


 何でこんな事をするのかと言うと、『グリコーゲンローディング法』といって、マラソン当日6日~4日前は低炭水化物の食事を摂り、3日前からは逆に低脂肪・高炭水化物のメニューにする事で、走るためのエネルギー『グリコーゲン』を効率よく体内に蓄える事ができると言われているから。

 この『グリコーゲンローディング』、結構知られているようで、この2・3日はパスタ売り場にそれらしき人をよく見かけたし、スーパーにも、マラソン需要を見越してパスタの品揃えを増やしたり、エネルギーゼリーの安売りをしているところがあった。

 こちらのサイトによると、「グリコーゲンローディング中は特に糖質の代謝を助けるビタミンB1が不可欠」という事だったので、パスタを食べたあとはデザートにバナナと豆乳を摂取する事を心がけた。

 何かここまでやると、いつぞやの『納豆騒動』のときのオバチャンらと同じことやっているのでは、なんて思えてもくるが・・・

 さて、こっちのブログでは先んじて宣言したが、

 私・紅星は、今回を持ってウルトラマラソン60kmを卒業する。

 去年も似たような事書いたけど、今度こそ、明日どんな結果になろうとも、来年は100kmでエントリーしたい。

 今回で60kmも7回目となり、何か『勝てる対戦相手』選んで戦っているボクシングの某氏みたいになってきているので、また難関に挑むという初心に立ち返りたいのと、うちの職場のT事務局長土佐高知さんのブログに再々登場する『Tちゃん』)が昨年初ウルトラで60km完走(しかも紅星があわや抜かれるところだった)し、今年は100kmを走るという事に、ライバル心というか、先輩ランナーとしての危機感みたいなものが芽生えたからである。

 T局長は、今日も事務所で「やっぱり、何か足が不安だから今日1kmでも走ろうかなぁ」と言っていた(あの人も、よいよ心配症^^;)。ので、「ここまで来たら“まな板の鯉”。下手に走ったら、ちょっとした事で余計不安になるから、明日の準備に専念して、走るなら明日蕨岡中でアップ時に1・2km流した方がいいですよ」と偉そうにアドバイスした事だったが、向こうは既に、自分より上のステージに向かっているのである。

 局長は「62kmのカヌー館までは行きたいなぁ」と口癖のように言うが、彼女は昨年60kmを余力を残して完走し、しかも翌朝4時に起きてランニングシューズを洗い、「筋肉をほぐすために」と散歩までしようとした驚異的な回復力を持つ人である(紅星は一歩踏み出すのにも難儀していたというのに*。*;)。ひょっとすると今回、いきなり100km完走してしまうかも知れない・・・

 先輩ウルトラランナーのメンツにかけて、このまま置いてきぼりを食うわけにはイカンのだ。

 何としても今年自己ベストを更新し、来年の100km挑戦への踏み台にしてやると、心中密かに闘志を燃やしているところである。

 いつもなら100kmの出走を見てから60km会場に向かうのが恒例のところ、今年は自分の走りに集中するために応援に行かない事にしている(この前の飲み会で知り合ったIさんの選手宣誓を見たかったところだが)。

 明日は曇りまたは小雨で気温も上がらないウルトラにはまずまずの天候と聞くし、体重は昨年の70kgから63kgに7kg減量できたし、今年のNo.は
『良い良い(4141)』
と何か縁起がいいし・・・

 とにかく、ここまで来たら

 “明鏡止水”

の心境で、

いざ、60km最後の大勝負へ!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/56-987f7276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)