第一回大逆事件サミット、土佐中村で開催 (^O^)/

今年は時の桂内閣によって、「天皇暗殺を計画した」との「大逆罪」で幸徳秋水氏ほか12人が死刑、12人が無期懲役、2人が有期刑に処せられてから100年になります。

また、幸徳秋水氏の生誕140周年にも当たる事から、四万十市(旧中村市)では田中全市長が実行委員長となって、「刑死百年祭」「大逆事件シンポジウム」など多彩な催しが行われています。

その一環で、さる24日(土)に、それまで各地で大逆事件犠牲者の顕彰活動を行ってきた団体や、秋水氏にゆかりのある人を顕彰する団体の方々が、ここ四万十市に初めて一同に会し、「大逆事件サミット」を立ち上げました。

不肖紅星も「幸徳秋水を顕彰する会」のヒラ会員として、『ゲバラTシャツ』ならぬ、自作の『秋水Tシャツ』(Ver.2)を着て末席に連ならせて頂きました。

秋水サミットの様子by高知新聞より

【写真】約100人が犠牲者の名誉回復や顕彰活動の今後を考えた大逆事件サミット(四万十市立中央公民館)by高知新聞webより


『サミット』開始は午後1時半からだったので、1時間早く会場に行き、1Fフロアで開催されていた『幸徳秋水展』をじっくりと見させてもらいました。

msdf 181a msdf 191a_edited-2 msdf 192a_edited-1 msdf 199a msdf 198a1 msdf 201a msdf 200a msdf 235a

片山哲の書「南海生革命児」や鳩山一郎の漢詩は初見。それにしても、片山はともかく、政治的に一番遠い距離にある鳩山が秋水さんに漢詩を贈った(刑の執行以後の感があるが)のは意外です。堺さんへの漢詩は流石長年の盟友へ贈るだけの『明鏡止水』の境地を詠った感があります。自分がいざ死が間近になった時、そんなに達観していられるろうか・・・?

msdf 252a msdf 243a msdf 260a

 
平民新聞社前の記念写真と平民新聞の都道府県別読者数、そして初期社会主義主要新聞・雑誌一覧表。

「大阪平民新聞」の森近運平や「熊本評論」の松尾卯一太(パネルの「新美」は間違いかと)は宮下太吉の爆裂弾事件と無関係なのに大逆事件で死刑になっている事から、この事件が初期社会主義者の『抹殺』を意図したものであることがこれでも明白です。

それにしても、平民新聞読者数、我が郷里北海道は97人で東京に次ぐ2位!秋水さんら「社会主義研究会」の面々がよく来道し、秋水さんをして「北海道は社会主義者の一大拠点となりうる」と言わしめただけの事はあります。石川啄木が小樽で西川光二郎の講演を聞き、社会主義に接近したり、のちに小林多喜二がプロレタリア文学者として活躍する素地も、この辺にあるように感じます。

msdf 225a msdf 244a msdf 258a

人物パネルから中江兆民・片山潜そして堺利彦。

中江兆民は言わずと知れた秋水さんのお師匠。そしてこの人も小樽にゆかりのある人なのです。

JCP(日本共産党)では片山潜の評価が高く、創立者の一人のはずの堺利彦の評価は何故か低いようです。やはり途中で離れたからでしょうか?でもWiki見るとそんなに毛嫌いせんでもと言う感じがするのですが・・・あとでも触れますが、この人と秋水さんが「名付け親」なんですから。

msdf 276a msdf 279a msdf 280a msdf 287a msdf 285a msdf 286a

そしてこれが大逆事件関係者26人の量刑および居住地を示したパネルと、2000年12月19日決議の「幸徳秋水を顕彰する決議」。

26人の内訳を見ると、和歌山5人、高知4人、熊本4人、長野2人、東京1人(但し奥宮健之は高知出身)、神奈川1人、山梨1人、三重1人、福井1人、京都1人、大阪1人、岡山1人、山口1人、香川1人…そして北海道小樽1人!北海道にも大逆事件被害者が居て、しかも小樽!

実は去年高知市の自由民権記念館であった幸徳秋水展でこのパネル見てから、この「新田融」という人について調べていて、去る7月の帰省の時に記載された住所訪ねてみたら・・・何と!?でした。小樽市内の兆民・秋水・啄木・多喜二そしてこの新田融さんゆかりの地を訪ねた記事、この週明けにはアップしたいと思うてますけん、乞うご期待のほどを。


さて、いまご紹介したようなパネル展示をブラブラ見ていたらあっというまに開始10分前。

慌てて会場に入ると既に結構な人の入りで、実行委の用意した資料が足りなくなり急遽増刷というほどでした。なかでも和歌山県新宮市の「『大逆事件』犠牲者を顕彰する会」の方々はマイクロバス仕立てて16人も参加してくれましたし、秋水氏の盟友・堺枯川(堺利彦)の出身地である福岡県みやこ町からは町長さんも参加しました。

【以下、高知新聞9月25日社会面より引用

大逆事件26人人権回復を
 四万十市でサミット 8団体が全国連絡会議

 幸徳秋水ら大逆事件犠牲者の名誉回復や顕彰活動の今後を考える「大逆事件サミット」が24日、四万十市右山五月町の市立中央公民館で開かれ、「大逆事件は国家による犯罪。いまだ十分な人権回復が行われていない現状を打破したい」とする「中村宣言」を承認した。

 幸徳秋水刑死100周年記念事業の一環で、実行委(委員長=田中全・四万十市長)が主催。「『大逆事件』犠牲者を顕彰する会」(和歌山県新宮市)や「森近運平を語る会」(岡山県井原市)など、犠牲者の顕彰活動を行う県内外の民間8団体や市民ら約100人が参加した。

 サミットでは、各団体がこれまでの活動を報告。今春、大阪市で結成された「『大逆事件』再審検討会」は、宮下太吉らが天皇暗殺を企て作ったとされる爆裂弾の実証試験や供述調書の分析など再審の可能性を模索する活動を紹介。「熊本近代史研究会」は、事件に連座した新美卯一郎ら4人の名誉回復を、出身地の熊本市など3市議会に求める請願活動を始めたことなどを発表した。

 その後、司会の山泉進・明治大学副学長=四万十市出身=が「事件の概要は研究が進み、明らかになってきた。これからは事件を人権問題として世界に発信できる方向に」として中村宣言を提案し、全会一致で承認。宣言を受け、今後連携して活動を進める全国連絡会議を結成した。

 「幸徳秋水を顕彰する会」(四万十市)の北沢保会長会長は「14都道府県に散らばる26人の犠牲者の人権回復を連携して進めていく場に」とサミットの継続を呼びかけ、賛同された。

(楠瀬慶太)



msdf 293a_edited-1

上の高知新聞が書いてある8団体は、

☆ 大逆事件の真実を明らかにする会(東京都)
☆ 『大逆事件』犠牲者を顕彰する会(和歌山県新宮市)
☆ 森近運平を語る会(岡山県井原市)
☆ 幸徳秋水を顕彰する会(四万十市) 
☆ 『大逆事件』再審検討会(大阪市・金子弁護士)
☆ 国際啄木学会(広島市・伊藤さん)
☆ 熊本近代史研究会(熊本市)
☆ 真宗大谷派(滋賀県長浜市・泉さん)

この他にも、幸徳秋水ほか『事件』の弁護にあたった平出修の出身地・大阪府堺市からや、先ほどの福岡県みやこ町で活動されている『堺利彦・葉山嘉樹・鶴田知也の三人の偉業を顕彰する会』からも数名のご参加がありました。

1時半から5時近くまでにわたるサミットでしたが、各地の交流を聞いていて、中村も市民への認知がまだまだという課題は抱えているけど、他の団体に比べればまだ恵まれているのかなぁと感じました。他の団体は保守的な土地柄などで困難を抱えながら議会に『名誉回復請願』運動や事件犠牲者の顕彰活動に取り組まれている事が報告され、本当に頭の下がる思いでした。

あと特徴的だったのが、新宮の『大逆事件』犠牲者を顕彰する会や、井原の森近運平を語る会のメンバーの方々には環境問題特に原発問題で活動されている方が多く、また、みやこ町の『堺利彦・葉山嘉樹・鶴田知也の三人の偉業を顕彰する会』のメンバーには自衛隊築城基地の演習に反対する活動をされている方が多いそうで、単に犠牲者の顕彰や名誉回復に留まらず、彼らの理念を現代社会で活かそうと奮闘されている姿が垣間見え、こちらも励まされた事でした。

秋水展の展示でも触れたように、紅星の郷里小樽市からも大逆事件の関係者(新田融さん)が出ています(もっとも、住民票だけでそこには住んで居なかったという話もありますが)。小樽では大逆事件については全く知られておらず、ウチの親(JCP党員)もほとんど知りませんでした。しかし、19世紀末から20世紀中頃までの小樽における労働運動の高揚や小林多喜二の活動の底流には、秋水ら『社会主義研究会』の活動に連動した有志の存在が確かにあったのです。小樽の“革新”勢力は、その辺をもっと見据えるべきやないろうかと思います。

さて、サミット終了後に会費5千円で懇親会が有りました。赤貧如洗の紅星にその金額はきつかったのですが、これだけのそうそうたる御歴々と親交を深められる機会はそうないと思い、参加させて頂きました。

msdf 313a msdf 317a1_edited-1

1月の墓前祭の時に初代秋水Tシャツでかましたこともあって覚えてくれていた方も多く、今回の二代目Tシャツもまたなかなか好評で、啄木学会の伊藤さんとは啄木と秋水さんの事について、福岡の堺利彦・葉山嘉樹・鶴田知也の三人の偉業を顕彰する会の木村さんとは秋水さんと堺利彦の事について歓談させて頂きました。

木村さんいわく、福岡のJCP(共産党)は堺利彦と秋水さんに冷たいらしいそうでして、露骨に嫌な顔する人もおるとの事。紅星も不真面目ながらJCP党員を自認する者として、それを聞いてちょっと頭にきました。

堺さんは日本共産党創始者の一人、秋水さんは日本の平和・民主運動の偉大な先覚者ですよ!?それより何より、この二人、
「共産党」の名付け親
(「communist」を「共産党」と初めて漢字化し、それが中国・韓国はじめ漢字圏に伝わった)
ですよ!?

あんまりごとやったんで、木村さんに
「そんな事言うJCP党員居ったら、『なら2人の付けた共産党の党名変えたら?』って言ってやればえいですよ!!」
と興奮して言ったら「上手い事言う!」と大ウケでした。

でも本当にそうで、1月24日の墓前祭に志位さんがメッセージ送ってくれましたが、JCP内の二人の評価はまだまだ低いです。高いのは高知県の共産党くらいのものじゃあないが!?こりゃあ不肖紅星、お二人の党内の地位向上に一肌脱がねば!と身の程知らずな決意なぞしてみたり。

そんなこんなで新宮市や堺市の人とも繋がり出来たり、参加して本当に良かった!!またtwitterとブログで平民新聞論説紹介再開する励みとなりました。とりあえず16日まではウルトラマラソン関連で出来ませんが、終わったらまたやります!!

最後に参加者一同で記念写真。ここに集いし「林間の点滴」が、必ずや「茫洋たる大河」を成すと信じて、また全国各地で頑張りましょう('-^*)/ !!





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

このブログ記事は力作ですね。


写真も多数掲載され、手間が掛かったことと思います。

【2011/10/01 14:15】URL | JUNSKY #96q68/9Y[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/571-c118c953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の朝ご飯・ずんだ餅

最後の一箱 ずいぶん前に初めて食べた うたごえ祭典の時か?記憶がもう 仙台に行った時は一人駅の食堂街で 今は生協で時々 解凍するだけなので父にも出来る、と実家の冷蔵庫にも 父、最初は物珍... ひとみちゃんに もっと言わせて【2011/10/03 23:58】