今日は3連発! その①:こうち九条の会・3500人の意見広告

 今までサボっていた反動という訳でもないが、今日は何となく書く事があったので記事の3連弾にチャレンジ!!

 まず第一弾は憲法記念日ネタ。
 高知県内の『九条の会』の連合体である『こうち九条の会』が今日の高知新聞朝刊の12面を取り切って意見広告を掲載した。内容は九条の条文(原文)と土佐弁版九条、および賛同人3515名と75団体の名を記したもの。
 紅星は『なかむら九条の会』の会員なのでもちろん賛同人になったのだが、一口千円ということだったので、『それなら3千円出して、3つ載せちゃろう』と考えて、『本名』『紅星龍水』、そしてセカンドハンドルネームの『土佐錦魚鱗』で応募してみた。

 そして今日。紅星はビンボーなので高知新聞は定期購読していないのでコンビニでGETし、ちょっとワクワクしながら開いて上の3つの名前を探す。あった・・・本名だけ。 「ちょい待ちィ!?」ともう一度探してみたら、『紅星龍水』は『く』のトコに、『土佐錦魚鱗』は何でなのか『の』のトコにちゃんと載っててホッとした。多分『くれないぼし』と読まれたんだろうなと思いつつ、「そんじゃあ、どう読んだら土佐錦が『の』のトコに来るんだろ?」としばし考え込んでしまった。まァ、最初っからフリガナ振っとかないこっちに問題あるんだけど。でも、読み間違えてくれたおかげで『紅星龍水』が、『こうち九条の会』代表の栗原透さんのすぐあとに載る事が出来たんだから、まさに『怪我の功名』ってヤツだぁね。

 今日の朝日新聞によると、53%が「国民投票法を急ぐことはない」と答え、20代・30代では『九条維持派』が『九条改憲派』を上回る結果が出ている(これが40代以上は年代が進むにつれて改憲派が増えてくる・・・『安保世代』はどうしてしまったのか?)。気休めかも知れんけど、こういう記事にはほんの少し勇気づけられる。なかなか厳しい情勢かも知れんが、楽天性を忘れずに行きたいと思う施行59年目の憲法記念日だった。

DSC08633.jpg

DSC08636-00.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/8-5838849d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)