TERRAと戦う日米政府(`Д´#)

洞爺湖サミットが近づいてきたからでもないだろうが、最近雑誌や新聞、TVなどで地球温暖化問題について取り上げられる機会が急に増えてきたように感じられる。


TVでは氷河や南極の巨大な氷塊が溶けて崩落したり、北極の白熊やアザラシが暑さで死んでいくショッキングな映像が映し出されたりして、徐々にではあるが温暖化防止に対して関心が高まっている感もある。

 しかし、未だ無関心といった感じの人もいるようで、目と鼻の先のスーパーまで車で乗りつけたり、さほど暑くもない今の時期から車のエアコンをガンガンかけている人も見かけたりする。

そんな光景を見て思わず

~もっと 高めて気温を 極地の奥まで 
貴方達が起こした温暖化で 溶かち尽くちて~


と洒落にもならん某ゲーソンの替え歌を作ってしまう自分てのもどうよ、と思ったりもするが…

 閑話休題。

さて、
数年前まで、『しんぶん赤旗』は環境問題についてやや取り上げ方が弱いのではと感じる事が幾度かあったが、最近は連日一面や社会面で取り上げ、本腰を入れて報道しようという意気込みが感じられる。

 紅星は以前から「憲法9条守れも大事だけど、喫緊の課題は温暖化対策・環境対策だろうが。何でもっと本腰入れん」と考える事が幾度もあったので、こういった赤旗の姿勢は率直に評価したい。

 但し、苦言もある。それは中国のCO2排出増や環境汚染問題に対しては、米国・日本政府に対する批判のボルテージの高さに比べて、やや腰が引けている感があることだ。今や中国は米国に次ぐCO2排出大国であり、その影響は酸性雨など、日本にモロに影響してくる。「内政問題だから」と逃げる意見もあるが、それを言ったら米国の野放図なCO2排出も批判できなくなる。こと環境問題については、人類益の立場から「内政干渉」止むなしと紅星は考える。

 (もっとも、自分達を棚に上げて「中国はけしからん!」とただ喚くのではなく、環境対策への技術支援など、忠言と支援を並行して進めていくのが肝要である)

 …やや横道に逸れたが、15日の「しんぶん赤旗」の一面左隅に、下記のような記事が載っていた(この日のトップ記事は、言わずと知れた「岩手・宮城内陸地震」。亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災者の方に心からのお見舞いを申し上げます)

《引用開始》
 環境NGO 日本など4カ国批判
“温暖化防止会議の妨害者”
【ボン=岡崎衆史】13日に閉幕した温暖化対策の枠組みを話し合う国連の会議について、環境NGO(非政府組織)は、会議の進展を妨害したとして、日本など一部の先進国を批判しています。環境NGOグリーンピースのビル・ヘア氏は13日の会見で、日本、オーストラリア、カナダ、米国を名指しし、「建設的でない戦術を用い、会議の進展を遅らせ、あらゆる抜け穴をつくろうとしてきた」と批判。世界自然保護基金(WWF)は「会議の進展は不十分」とする声明を出しました。
 名指しされた4カ国のうち、日本、米国、カナダの3カ国は、国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP13)が昨年末にインドネシアで開催された際、「妨害三人組」として地元紙の意見広告で批判されています。
 今回の会議は171カ国が参加し、京都議定書の温室効果ガス削減約束期間が切れる2013年以降の枠組みを検討。温暖化対策の資金確保を目的とした「国際炭素税」などの案が提示されましたが、次回枠組みの実現に必要な議題については各国提案をリスト化しただけで、議題の絞り込みに至りませんでした。欧州連合(EU)や途上国は、「無駄にする時間は全くない」(EU議長国スロベニア)など、懸念を表明しました。
 2013年以降の枠組みについては今後、8月にガーナ、12月にポーランドなどで協議され、来年末のコペンハーゲンでの気候変動枠組み条約第15回締結国会合(COP15)で決定される予定です。
《引用終わり》


この記事にあるように、我が日本は国際社会において、こと温暖化対策についてはすこぶる評判が悪い。
「それじゃあ、もっとエコバッグとか使って、電気やガスも使うの我慢しろっていうの!?」と逆ギレしたくなる人も出るかも知れないが、さにあらず。

☆ 赤旗2月3日付1面の記事(何故かJCP web版にはアップされていないので、ポラリスさんの記事を参照されたし)※この円グラフはまんがくらぶオリジナル4月号『エコエコパンドラ』(山田玲司)1話でも紹介されている。
☆ 同3月9日の記事  『05年度 国内のCO2 150事業所で半分排出』
☆ 同5月11日の記事 『CO2データ政府非公開 大半が製鉄』
でも指摘されているように、我々庶民がいくら頑張っても日本が排出するCO2総量は1割も減らすことができず、実に半分以上が、発電所や製鉄所など、僅か150事業所から、さらには製鉄10社から何と総排出量の12%が出されているというのだ!

 つまり、大企業はしたり顔で「CO2を出さないようにしましょう」などと宣伝して、一般国民に努力させる一方で、自分達はそれを遥かに超えるCO2量を恥ずかしげもなく出しているのである。

 JCPは「速やかにCO2削減の中期目標を策定し、大企業に責任を果たさせろ」と主張しているが、まさに大企業にノルマを課し責任を果たさせること無しにCO2を削減するのは不可能であり、至極当然の主張をしているだけなのだ。

 何も難しいことを言っている訳ではない。同じ資本主義国であるドイツやオランダなどが取り組んでいる環境対策に学び、実践するだけでかなりの温暖化防止対策が取れるのだ。

 何度も繰り返すが、日本の温暖化対策が進まないのは、ひとえに大企業の怠慢に過ぎない。

 そしてもう一つ、日米政府がやっているもっと深刻な環境破壊がある。

何ぞや?

アフガン・イラク爆撃
である。

「戦争は最大の環境破壊である」とはよく言われるが、2001年10月から始まったアフガン爆撃、そして2003年3月からのイラク爆撃で、夥しい人命が失われたのと同時に、いったいどれだけの人家・建築物が破壊・炎上し、CO2が大気中に放出された事だろう?

 加えて、前述のマンガ「エコエコパンドラ」1話によると、ジェット戦闘機1機が8時間飛行するだけで、日本人1人が一生で出すのと同量のCO2が出されるという。

この情報はgoogle検索しても他に裏が取れないので慎重に扱うべきかも知れないが、大量のCO2が一度に放出されるのは疑いもない事実だ。
さらに劣化ウラン弾などの放射能汚染などを考えると、どれほど地球環境に悪影響を及ぼしているか、想像するだに恐ろしい事である。

 日米政府はこの一連の戦争を

「テロとの戦い(War On Terror)

と呼び、性懲りもなく続けようとしているが、何のことはない。この戦争は

「テラ(地球)との戦い(War On “Terra”)」

すなわち、地球温暖化と環境破壊をせっせと促進する行為に他ならない。

 日本が温暖化対策に積極的だというならば、即刻この愚行に加担することをやめ、NGOが地道に取り組んでいる人道援助や復興、環境を回復する取り組みに尽力すべきである。

 温暖化対策にまで、『国益』だの『日米同盟』だのを持ち出して抵抗や妨害をしようとする勢力がいるが、我々人類は貧富に関わらずこの地球で運命を共有するより他にないのである。


 ことこの温暖化問題・環境問題に関してはイデオロギー対立などしている場合ではない。

 広く『人類益』の視野に立ち、一致団結して人類が生き残る道を模索すべきである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

排出権取引


 トラバありがとうございます.
 京都議定書で決められた数値目標が達成されたかどうかを見る,いわば決算の時期が2008年~2012年で,その5年ぶんを平均した数値が目標値(日本の場合は1990年量の6%を削減)をクリアしていなければ国の信用失墜と,以後の発言力の低下を招くでしょう.つまり「決算」が今年から始まっているわけで,今年になってNHKが狂ったように宣伝を始めたのも,そういう理由からでしょう.
 といって国内で実際にCO2排出を押さえることは自民党の票田を揺るがすことになりかねず,けっきょくCO2削減の主要な方策は,「排出権取引」となります.その主要なターゲットは(私の憶測ですが),中国,ロシア,そして林業経営だと思います.
 話が長くなるので中国だけについて言えば,中国は「途上国」なので,京都議定書によるCO2削減義務はいっさいありません.日本側としては,とにかく今は仲良くして「クリーン開発メカニズム」(CDM)のお相手をしてもらう.つまり中国のCO2削減を助けたという「実績」をつくり,その削減ぶんを日本の目標値の6%ぶんに組み入れる.こういう帳尻合わせを目論んでいるのでしょう.
 それ自体は悪いことではありませんが,口実だけ,名目だけの「CO2削減」になってないかどうかをチェックする必要があると思います.

【2008/06/18 09:59】URL | Ladybird #Fq93NV5c[ 編集]

大企業が労働者に仕事を与えているんだよなぁ。あんたの勤め先も大企業から仕事をもらってんじゃないのか?


あんた、経済学のイロハわかってんのか?マルクス経済学ばかり盲信して自慰にふけってると、世間がせまくなるぞ(笑)日本の企業が開発したエコ技術は世界最高だよね。それが中々認知されないのは、全教・日教組に教育された家畜共が、電力を乱消費するから、日本のエネルギー消費量が、ダントツに多いんだな。マッチポンプ共産党よ、環境破壊の責任をとれ!

【2008/07/06 15:58】URL | 大日本愛国党 #-[ 編集]

とりあえず


>日本の企業が開発したエコ技術は世界最高だよね。
>それが中々認知されないのは、全教・日教組に教育された家畜共が、
 電力を乱消費するから、日本のエネルギー消費量が、ダントツに多いんだな。

 そうなんですか?そういった資料初耳だったので・・・このコメント欄使って結構ですので、そういい切られる根拠のデータを示して、紅星めを納得させて下さい。

 あと、愛国党さんは地球温暖化防止対策として、どのようなビジョンをお持ちですか?「シナが・・・」とか「大企業に任せておけば・・・」などではなく、公党として、日本の採るべきビジョンをお示し下さい。

 貴方ほど勉強されておれば、私のような馬鹿に対しても納得させられるものをお持ちでしょうから。

 ※紅星の考えは「同じ資本主義国で、CO2削減の成果を上げている、ドイツやオランダなどの政策をまず取り入れるべき」というものですが・・・
 もうひとつ。本文でも書いていますが、紅星は中国にも厳しい目標設定をさせて守らせる「圧力」が必要だと書いたつもりです。ちゃんと読んでください。

 何にせよ、このまま地球温暖化が進めば紅星や愛国党さんも、そして天皇陛下にも危害が及ぶ訳ですから、知恵を出し合い、我慢するものは我慢しましょう。

 そう思いませんか?

【2008/07/06 18:50】URL | 紅星龍水 #UUAZtqBU[ 編集]

あれ、さいきんのNHKのエコシリーズ御覧になられていないですか?


世界ではアメリカが一位。アジアでは日本が一位で、世界順位では、日本は3位だったはずですが。
極論を言うと、今地球環境を救うには、人類の生活レベルを中世並みに引き戻す以外にないですよ。資本主義も社会主義も環境破壊ばかりしてきたからそのツケを我々は精算しないといけません。まぁ、生活レベルを中世並みにしたら、人類の半数以上は死に絶えるでしょうが・・・とにかく今出来る最善の策は、世界で注目されている「もったいない!」を我々日本人自身が再認識して、世界に再発信する事でしょう。命ある物全て尊い神だという神道の共生思想が人類を救うと思います。愛国党が訴えているのはそういう事です。

【2008/07/06 21:26】URL | 大日本愛国党 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/91-4448a587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「草の根保守」は「HANAの会」を求めているか?

平沼赳夫が、5月11日にフジテレビ系『報道2001』に出演し、激烈な反中プロパガンダや下品な陰謀論を口にしたのを見て呆れたことは、5月12日付エ... きまぐれな日々【2008/06/18 07:28】

ユー・ドント・ノー・ホワット・やさしさ・イズ

言葉が足りないのではない。言葉が多いのだ。 美しいものは、人を黙らせる。それは、醜いのだ。だから、誰もが喋り出す。 例の「水伝騒動」以来、左派・市民派ブログシーンは、すっかり 不毛になっちまっている。なぜか。一幕目の幕が下りないうちに 二幕目三幕目の... BLOG BLUES【2008/06/18 15:09】

原発増設は温暖化促進

国際エネルギー機関(IEA)は、原子力産業を擁護するばかりか、原子力利権をねらっ それがたまるか!!【2008/06/18 15:56】

まさか、自分のことが質問に出てくるなんて・一般質問初日・9日

「こども条例(仮称)の制定」について、で特定の政党4人、と私が  いつものようにつらつらとひとみメモをしていたら、突然私たち4人のこ... ひとみちゃんにも ちょっと言わせて【2008/06/18 16:06】

民主党は派遣会社の味方、ハケンの敵

論より証拠である。6月23日付毎日新聞の朝刊に載った、2本の記事を紹介しよう。 つね日頃、反新自由主義・護憲を唱えながら、民主党を支持し共産党をスルー しつづける、左派・市民派ブロガーのみなさん、これが、事実です。 およそ政治言論メディアに在りなが... BLOG BLUES【2008/06/26 16:43】

容認(追記あり)

ぜんぜん意味不明なんだけど。。。 「普天間移設:県が政府姿勢容認へ」 http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20080709rky00m010003000c.html?inb=yt >普天間代替施設の滑走路の位置については、沖合移動を念頭におきながら継続協議とする方向だ。 なるほどね、継 そいつは帽子だ!【2008/07/10 10:34】