スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米軍の兵士が死なずに済むためにも、非戦活動を続けたい

 昨日26日朝、1週間近く宿毛湾港に居座っていた米イージス艦『O'kane』が去っていった。

 これでしばらくはまた平和な宿毛湾に戻ると思うが、タッチ&ゴーの訓練飛行場誘致や米海軍基地誘致の話が宿毛商工会議所あたりから漏れ聞かれており、まだまだ気の抜けない状態は続くようである。

 そんななか、26日付高知新聞の朝刊に

 宿毛イージス艦 米兵の思い

という記事が載った。


(以下、高知新聞記事をママ引用)

宿毛イージス艦 米兵の思い
「イラク撤退を」「命令には従う」

宿毛湾港に寄港中の米イージス駆逐艦オカーンは26日、同湾港を出港する。2003年3月にイラク戦争が開戦して5年余り。多くの犠牲を払ってもなお出口の見えないイラク戦争の現実が同艦乗組員の前にも横たわる。本国では次期リーダー選びの真っただ中。威信揺らぐ大国の将来に彼らは何を思うのか・・・。(米イージス艦取材班)

 「イラクでは大量破壊兵器も見つからなかった。フセインは悪行もあったが、わたしたちのやったことがよかったかどうか・・・」。若い男性兵士は胸の内の疑問を絞り出した。

 世界保健機関は今年1月、イラク戦争開戦以降の3年間だけでイラク人15万人以上が死亡したと発表し、AP通信の3月までの集計では米兵死者も約4千人。泥沼化する現地情勢に共和党内からも「ベトナム戦争以来、最も危険な外交的大失態」と批判が出る。

 厭戦(えんせん)ムードは海軍にも広がっているようで、オカーンに乗り組む米兵50人に聞いたところ、イラク政策について答えた兵士のほぼ全員が「撤退してほしい」と回答。「長くいればいるほど死ぬ人の数は増える」「イラク人もアメリカの仲間も死んでほしくない」「戦争は嫌だ」と、口々に話した。

 ただ、米軍の政策そのものについては多くが「上官から政治的な発言はするなと言われている」「ノーコメント」。「一気に撤退するとイラクの治安が乱れる」「イラクの国民が自分たちで国を守れるよう、ゆっくりと撤退すべきだ」などと話し、「われわれのリーダーはブッシュ(大統領)。命令に従うしかない」。

 彼ら海軍は上陸作戦に参加する海兵隊などとは違い、銃口を向け合う戦闘行為には直接参加しない。

 それでも「ヘリの羽根で首が飛ばされそうになった」「毎日のように弾薬を抱え、常に危険と隣り合わせ」。厳しい規律の中、艦内の60人の大部屋で暮らし、故郷の家族にも思いをはせている。

 20代前半の若い兵士は「イラクに行ったきょうだいは精神的に不安定になった。(米国の)家にも電話がかかってこない」「イラクで友人の一人が死亡した。故郷での追悼パレードに参加した。つらかった」と語った。

 別の兵士は軍の手厚い待遇を挙げ、自らに言い聞かせるように、自分の命と人生も握るリーダーらを信じるようにつぶやいた。

 「イラクに行けと言われれば自分の意志で行く。命令を下す上官は何人もいて、それが間違っていれば、誰かが止めるはずだ」

 イラク戦争、仲間たちの死、在日米軍、国際貢献・・・。取材に応じた兵士の何人かは質問に答えた後、こう聞き返した。

 「じゃあ、日本人はどう思うんですか?」



 先日の当ブログのエントリー『個人と国家・組織』でも書いたが、紅星は米軍・自衛隊に対しては非戦主義者の立場から厳しく臨むが、米兵や自衛隊個人に対しては、それぞれの入隊の動機や考えなどは千差万別で、『米兵だから』『自衛隊員だから』全員悪人だと決めつけるのはどうかと考えている。

 先のエントリーでは賛否両論の意見を頂いたが、今回の高知新聞の記事を読んで、『米兵もやはり人間。軍人としての自分と、一個人としての自分との狭間で葛藤しながら生きているんだなァ』と改めて感じた事だった。

 日本も、アメリカも、そして他の国でも、声高に勇ましく戦争遂行を叫ぶのは、後方で安全を確保し、そのくせ戦場の現実を分かっていない者たちで、そのような人物に戦場に送られ、戦わされ、異国に散るのは、貧しさから兵隊にならざるを得なかった若者たちである。

 非戦・平和の活動というのは、とりもなおさず、兵士を死地に送ろうとする者の企てを押し止め、兵士たちの命も守る活動であると紅星は信じている。

 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

TBが通らないので


 私のブログ記事へのリンクを貼ります。

 宇宙基本法成立の夕方に祝宴とは(怒)自民・公明・民主へ官房機密費と軍需産業からの献金が動いたか?
 http://shima-spirits-jcp.cocolog-nifty.com/taiki/2008/05/post_b188.html

~たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!~

【2008/05/29 23:05】URL | 嶋ともうみ #-[ 編集]

紛争国や人権侵害国に武器を売りさばく支那凶産党やロシアや北朝鮮のならず者共が


滅亡すれば、テロリストは居なくなるから、世界の警察官のアメリカ軍人は、死ななくて済むよ(苦笑)

【2008/07/06 16:11】URL | 大日本愛国党 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tosanishikigyorin.blog47.fc2.com/tb.php/93-4c6d45b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小林多喜二やマルクスを求める時代

小林多喜二の『蟹工船』が日雇い派遣などで働く若者たちに受け入れられて読まれている、と聞いたのはちょっと前ですが、同時にマルクスを読... とむ丸の夢【2008/05/27 21:43】

ひとみメモを落とした日のこと2

PCの前に座る時間が少なく、やっと小沢さんの写真を  せっかく送ってもろたきね。公開しなくっちゃ。 この日は、福岡県日本共産党後援会... ひとみちゃんにも ちょっと言わせて【2008/05/27 23:30】

中国の人権抑圧に協力する米ブッシュ政権の二重基準

5月22日付の朝日新聞文化面に、テッサ・モーリス・スズキ氏(歴史学専攻のオーストラリア国立大教授で、森巣博氏の夫人)が興味深い記事を書... きまぐれな日々【2008/05/31 06:43】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。